TopPage


台風22号接近中の空を飛ぶ


台風22号の接近で暴風雨の中を厚木飛行場より離陸し、大和市上空を飛ぶ。

台風22号の接近で暴風雨の中を厚木飛行場より離陸し、大和市上空を飛ぶ。

湘南海岸上空も大荒れ。波も高く、江ノ島がかすんで見えない。

湘南海岸上空も大荒れ。波も高く、江ノ島がかすんで見えない。

北西からの強風を受けて、厚木飛行場へ着陸態勢にはいる。機体が風で流される。がんばれ!

北西からの強風を受けて、厚木飛行場へ着陸態勢にはいる。機体が風で流される。がんばれ!

■台風22号関東接近中

 現在(2004/10/09 (土) 16:11)、関東地方に最大級の台風22号が接近中である。今年は台風の当たり年ですでにこの22号で9個目の上陸になる。ただし、関東はどういうわけかまだ直撃は受けておらず、西日本での被害を対岸の火事のように見ているようなところもあったが、今回はそうはいかない。まもなく関東地方も暴風雨圏内に入るものとおもわれる。雨も窓に打ちつけるようになってきた。こういうときの空はふつうでは絶対に飛べない。がしかし、FSではそういう気象条件の中でも飛べるので、そういう気象条件にして飛んでみた。視界は利かないから、GPSを頼りに厚木飛行場からBaron58で強引に飛び立ってみた。風が強くなり、離陸するときも滑走路上で右へ右へと流される。何とか離陸したが、天気のいいときのようには飛べない。ラダーで調整しないとまっすぐに飛べない。大和市上空を飛んだあと、湘南海岸のほうへ進路をとり、海岸線でのようすを見にゆく。操縦席の窓には雨がぶつかってきて前もほとんど見えない。GPSと高度計で位置を確認しながら飛ぶ。おそらく、今、現実に飛んだとしたら同じような状況になっているとおもわれる。

 湘南海岸がうっすらと見えてきた。波のようすも晴天時とはちがうように見える(これは、おもい過ごしかもしれない)。暴風雨の中での旋回は機体が流されるために、きびしい。江ノ島上空で旋回して進路を北にとる。江ノ島は雨にかすんでほとんど見えない。厚木飛行場へもどるときもGPSで確認しながら高度を落としていった。前方に滑走路の航行灯が見えてきたが、機体をまっすぐにしてもすぐに流されるため、風ベクトルを考慮して、進行方向を北西に取ったまま、滑走路に斜めになる形で接近。滑走路を何とか捉えたときは緊張しながら、着陸の態勢をとった。着地しても滑走路上でどんどん流されるため、ラダーを使い、直進をめざす。ようやく機体停止。およそ、30分ほどの飛行であったが、けっこうきびしかった。今、これを書いている外では、ものすごい暴風雨になっている。おそらく台風が現在、神奈川県のすぐ近くを通過中かもしれない。我が家もすべての雨戸を締め切って、家の中でじっとしている。わたしだけが、パソコンの前で、これを書いている。現実には、こういう飛行はできないのだけれど、こういう飛行も時節にあわせてしてみるのも、ひまつぶしにはいいのかもしれない(本当は、試験問題でも作りたいのだが、これは職場以外ではやらないことにしているから、家ではこれしかできない)。

 上のところまで書いたとき、台風が再接近してきたのか、雷が鳴り出して、パソコンの電源を落とし、コンセントもはずした。そして、現在(2004/10/09 (土) 18:44)、台風の暴風雨はウソのように止み、西の空の雲がきれいに切れている。もう、明日の天気はだれが見ても晴天だ。台風が去ると、秋の色も一段と増すだろう。

■FSの世界でも悪天は

 FS2004で飛んでおられる人なら、どなたでもご存知のように(それ以前のFSでも同様に)、気象条件はいろいろと設定で変えることができる。もちろん、現実の天候とリンクさせるためにネット上でお天気のデータを読み込み、ある範囲ならばほぼ似たような気象条件で飛ぶことも可能だ。以前は、気象条件を自動生成するソフトも入れていたのだが、現在のFS2004ではそこまではやっていない。やはり、お天気のいい条件で青空を見ながら飛びたいので、悪天は苦手である。ただ、悪天のときも、ときには飛んでみて飛行機の流される感じをつかんだりすることは大切だとおもっている。どんな気象条件でも(飛行機が飛べる範囲であるが)、きっちりと飛んで、機体を無事着陸までもってゆく技能を身につけることは、FSパイロットとしても大事である。そのための訓練を欠かしてはならない。あまり好きではないが、そういう気象でも飛べる技能をもっていれば、より楽しく飛べる。こういうことは、人生でも山でもスポーツでも何でも同じだとおもう。

 台風もあっという間に去ってしまった。時速60kmほどのスピードになっていたから、私の住む神奈川ならほぼ1時間で通過してしまう。まだ、これからゆり返しの風が吹いてくるだろうが、それも明日の朝には止んでいるだろう。家から出られない1日だったので、FSのようなパソコンゲームにはうってつけの休みであった。これで、家でも仕事しなければならないとかで、パソコンに向かっていたら気が滅入る。仕事パソコンは嫌いだし、家ではまずやりたくない。この歳までこれで済ませてきたのだから、今更この習慣を変える気持ちはない。どうも職場では、わたしはゲームばかりやっているとおもわれているようにおもわれているらしい。とても、うれしい。そういう風におもっていてもらえば、ほぼわたしの実像に近い。現実に家でしていることといったら、夕食を摂る、風呂に入る、ゲームをする(か、本を読む)、寝る、早起きする、と至って単純である。これを毎日、規則正しくできるように努力している。ただ、最近では、この習慣を乱すような外圧があちこちからあるのが気に入らない。だから、きょうのような悪天の日は正直なところ別に嫌いではない。誰にはばかることなくゲームに没頭できる。パソコンがゲームセンターだから、いくらでもできる。きょうは、気温も低めでFSのようにCPUをフルに使う(発熱もすごい)ゲームにはうってつけの日でもあった。いいなーこういうのも…。

 2004/10/09 (土) 19:15

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ 目次へ ■ TopPageへ