TopPage


中国原潜領海侵犯を追う


那覇空港を飛び立ち、これより石垣島付近まで向かう。原潜はその周辺だ。

那覇空港を飛び立ち、これより石垣島付近まで向かう。原潜はその周辺だ。

沖縄周辺の小さな島々の上を飛びながら、哨戒飛行に入る。

沖縄周辺の小さな島々の上を飛びながら、哨戒飛行に入る。

中国原潜が発見されたほぼ同じ海域上空を哨戒中。この下に原潜が…?

中国原潜が発見されたほぼ同じ海域上空を哨戒中。この下に原潜が…?

哨戒飛行を終えて、近くの宮古島空港へ臨時着陸する。海がきれいだ。

哨戒飛行を終えて、近くの宮古島空港へ臨時着陸する。海がきれいだ。

■中国原潜、日本領海侵犯?

 またしても、中国の日本に対するなめきった行動が出た。今月10日に沖縄の石垣島と宮古島の間の日本領海内を中国の原子力潜水艦がそれと知りつつ、領海侵犯を平然とおこなっていたのだ。こういうことは今にはじまったことではないが、本来なら、日本が爆雷を投下するなどの強行手段を取ってもよかったのだが、今回もまったく無策だった。ただ、中国側のなめきった行動を助長するだけだった。新聞などを詳しく見ることもなかったので、どういう経路を辿って航行していたのかはわからなかった。11月25日付けの朝日新聞朝刊を見たら、その経路がわかった。那覇の海上自衛隊航空群所属のP-3Cがその原潜を追ったということなので、同じ海域を飛んでみようと、時間ができるのを狙っていた。

 04/11/27(土)の午前中に少し時間ができたので、飛んでみることにした。前夜のお酒もほぼ抜けて、頭もすっきりしてきた9:30頃、那覇空港を上記と同じ機体P-3C(Team FS KBTさん作 β版)で飛び立った。まずは、石垣島目指して、南西方角へ飛ばす。高度16000ftほどを260ktsほどの速度でグングン飛ばしてゆく。このところ、このP-3Cで飛び回っているが、とても安定していて飛びやすい。宮古島を過ぎて石垣島との中間辺りで高度をグーンと落として、海面上を哨戒飛行に移る。この海域に中国の原潜が出没して領海侵犯したためにP-3Cから「ソノブイ(電波発信器)」を落として、追跡したようだ。上のスナップの3枚目はほぼその同じ海域を哨戒中のもの。新聞に載っていた実際の写真(朝日新聞社機から10日午後5時43分に撮影)とほぼ同じアングルで撮ってみた。海のようすも飛行機の雰囲気も実際の写真とほとんど同じに撮れた。

 このあと、原潜の航路に沿って飛んでみた。宮古島の北方まで追跡したあと、そこで時間切れとなり、右旋回して宮古島空港へ着陸することにした。実際の現場では、ものすごい緊張感が走ったとおもうが、日本政府の反応はいつもながらチンタラしており、強硬な手段に訴えることはできなかった。またしても、中国というもっともずるがしこい大国に完全になめられてしまった。攻撃したところで、中国が文句をいえるわけもなし、ガツンとやるときにはやっておいたほうがいいとおもうのだが、どうも政治家はわからん。とにかくも、この海域を飛んでみようというキッカケだけは与えてくれたので、感謝。もう少し、時間をかけて飛びたかったが、午後からは出かける予定が入っていたため、止む無く断念した飛行であった。

■年末はゆっくり飛べない

 この土日(27日・28日)を利用して、湯河原での今年度第一号の「忘年会」に出かけてきた。毎年この時期に集まって、同じ旅館に泊まって飲み、食べ、しゃべってくる。今年もみんなの元気な姿にこちらも励まされた。このメンバーはもう17年ほど前の、同僚たちと作っている「ビシッと決めよう会」という会である。気心の知り合ったメンバーがいつの間にか集まるようになり、今でもこうして毎年1回だけの会を開いている。みんなの近況を聞いたり、プレゼント交換をしたりとなかなか面白い。当然、午前2:30近くまで飲んでいたので、今もちょっと頭が重い。が、それよりいい思い出ができたことがうれしい。

 こういう忘年会がこれから年末にかけてポツポツと入っている。もちろん、山岳会の恒例の泊りがけ忘年会も。以前ほどは、忘年会にも出なくなっている。もう、酒の抜けも悪くなったし、忘年会もありすぎると疲れてしまう。それに、今年は現在、歯の治療中であり、土曜日にほとんど予約をいれてあり、金曜日に行われることの多い忘年会の中には残念ながら出れそうにないものもある。こういう会は好きなので、できれば出たいのだが、歯がぼろぼろでは料理も楽しめない。まずは、しっかり歯を治して、来年の新年会に備えたい。そんこともあり、いつもなら土曜日にゆっくり時間を作り、のんびり飛行を楽しむはずが、今年はそれもかなわない。毎晩少しだけ飛ぶ練習飛行がメインになってしまいそうだ。

 年末はどうしても時間は押し詰まってくるため、無理して飛行することもあるまい。こういう時期には、FSとはまたちがう楽しみもあるので、そちらに気持ちを傾けたい。FSは時間ができたら、すぐにできるから、のんびりやりたい。

 2004/11/28 (日) 19:28

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ 目次へ ■ TopPageへ