TopPage


今回も失敗!クレーター探し


サンセットクレーター国定名勝地をめざして、ウインスロー空港をとびたつBaron58。周辺は高地の砂漠だ。

サンセットクレーター国定名勝地をめざし、ウインスロー空港をとびたつBaron58。周辺は高地の砂漠だ。

1時間半ちかくも探し回るが、肝心のバリンジャー隕石孔は発見できず。残念!

1時間半ちかくも探し回るが、肝心のバリンジャー隕石孔は発見できず。残念!

今回もバリンジャー隕石孔を発見できずに、やむなくウインスロー空港へもどる。やはり、ないのか…。

今回もバリンジャー隕石孔を発見できずに、やむなくウインスロー空港へもどる。やはり、ないのか…。

■やはりないのか、バリンジャー隕石孔?

 FS2004のなかにはおもいもよらない景色がはいっていたりで、ときどきおどろくこともおおい。ただ、実在するすべての光景を再現しているわけではないから、当然あるべきものがなかったりもする。アメリカのアリゾナ州の東のはずれ、ニューメキシコ州との州境ちかくに「サンセットクレーター国定名勝地」というのがあり、そのなかに世界でも有名なクレーターである「バリンジャー隕石孔」がある。FS2004にもはいっていておかしくない景色なので、以前にも何度か探しにでかけたことがある。今回は、まだ雪がのこっており、緑の草原状になっているときよりは探しやすいかなとおもいでかけてみることにした。

 2005/03/06(日)9:10、アメリカのアリゾナ州ウインスロー空港から、双発プロペラ機のBaron58にて飛び立った。この地は4000ftちかくの高地にあり、周辺の砂漠もまだ雪でまっしろな状態だ。もし、みつけることができるとしたら、この時期しかないだろう。離陸するとできるだけ高度を上げずに2000ftほどの高度をたもったまま、マップで「サンセットクレーター国定名勝地」とおもわれる地域をくまなく飛んでみた。小高い丘のようになっているところはいってみた。しかし、いずれもクレーターの跡ではなかった。この周辺を1時間半ちかくも飛びまわったが、どうにもみつけることができず、やむなく出発したウインスロー空港へもどった。もう何度目かの探索なので、おそらくはFS2004の景色(シーナリ)のメッシュサイズでは、このクレーターを表示させることはできないものとかんがえられる。アリゾナ州の細かい風景をべつにダウンロードしてインストールすれば、みれるのかもしれないが、そこまではやろうとはおもっていない。もし、どなたか、この隕石孔をみつけられた方がおられたら、教えていただけるととてもうれしい。以前にもおなじようなことを書いたが、残念ながらそういう趣味のひとはいないようだった。またの機会に挑戦してみたい。

 自然にみられる奇怪な景色にはとても興味がある。できれば、現地にいって実物をみてみたい、という願望はつよくもっている。しかし、現在の我が家の経済状態ではそれはとてもかなわない。子どもたちが、なんとか自立してくれて、多少の経済的な余裕ができたならば、そのときがチャンスである。そのときに、すぐに行動にうつせるように、足腰の鍛錬と精神的な好奇心だけはいつまでももちつづけていたい。

■失敗の連続

 このコーナーで紹介している飛行レポートも、ここには書いてない失敗をかず限りなくしている。今回のレポートは「探索失敗」の例であるが、こんなことはじつは当たり前のことだ。何度挑戦してもダメだったことなど、いくどとなくある。飛行機の墜落なども、よくある。さすがに、ある程度の高度にあがってからの墜落はまれであるが、何かを探すために低空で飛んでいるときなどは、高度を落としすぎて失敗することもある。今回は意識して操縦したので、大丈夫だった。ただ、起伏のない砂漠のようなところを低空で飛ぶのは、意外にむずかしいようにかんじている。

 まだまだ飛びたいところ、探しているところなどいろいろある。しかし、自分で決めたタイムリミットまでにそれらを全部こなすのは、とうてい無理である。残りの5回を充実させるためにも、本番前の予備調査をきちんとして、無駄のないように飛行したい。今回の飛行は、十分に地理的にもしらべて準備はしたが、それでも失敗してしまった。ほんとうに風景としてはいっているのなら、十分にみつけられるとおもっていたが、ダメだった。今度は、どなたかの作られたアリゾナ州のシーナリがあれば、インストールしてみて、挑戦してみたいとおもっている。失敗もたのしめるようになりたいものだ。

 2005/03/06 (日) 14:13

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ 目次へ ■ TopPageへ