TopPage


航空母艦への着艦(F/A-18F Super Hornet)


実機の迫力、波立つ海面すれすれに甲板に向かうF/A-18F Super Hornet

着艦直前のF/A-18F Super Hornetを甲板より写す。機首の上がり具合がよくわかる。

アレスティングワイヤーに着艦フックがかかる瞬間。まさに理想的な着艦。

■着艦時の写真を入手

 FS2004を使って、再三にわたって航空母艦への着艦訓練をしてきた。いつも使っていた機体は「F/A-18E Super Hornet」であったが、実際には「F/A-18E」の航空母艦への配備は遅れている。横須賀を停泊港とする米海軍の「キティホーク」に配備されているのも「F/A-18F Super Hornet(複座)」である。その機体が航空母艦へ着艦するときの写真が某サイトから入手できた。著作権の問題もあるだろうが、とくにだれが撮影したという明示もなかったので、ここに紹介したい。何種類かの航空雑誌も見てみたが、上に載せたような、迫力ある写真はなかなか見つけることができなかった。FS2004で発艦・着艦の訓練をされているひともおおいとおもうが、この写真が何かの参考になれば、うれしい。

 写真をみて、すぐにわかるのは、甲板に向かって突っ込んでいるのではないことだ。機首をあげて、舞い落ちるという感じである。このときの速度はほぼ140Ktsほどである。FS2004で訓練する場合も、これとまったく同じようにする。わたしも相当に訓練したが、まだ、この本物の着艦のような理想的ともいえる着艦はなかなかできない。この着艦の仕方だと、着艦の直前には航空母艦の甲板は見えない状態になる。これが、なんとも不安になるためだ。司令塔のレーダーが見えたら云々というような、なにかの目印を自分なりにみつけておくと、とてもたすかる。進入のコースをきちんと定めたら、そのコースを維持して、スロットルだけを本当に微妙にコントロールして高度をさげていく。機首はやや上げ気味にして、後輪から着地するようにする。そうすると、着艦フックがきれいにアレスティングワイヤーにひっかかり、すぐに減速される。ガクンと止まり、着艦できる。こうして、文章でかくと、すぐにでもできそうであるが、甘くはない。何度やっても、まず失敗する。そのうち、まぐれで着艦できるようになる。次第に、まぐれの回数がおおくなる。そうすると、なんとなく感覚がつかめるようになる。50回、100回と回数を重ねることだ。それしか、方法はない。

 ときどき、着艦訓練に関して、「空母はどうして手に入れるのか?」とか「着艦がどうしてもできない」とかの質問をいただく。できるだけは、返答することにしている。が、どうもひとに聞くことで問題を解決しようとしている姿勢に疑問をかんじる。検索でいろいろなサイトを検索すれば、それなりの解答は得られることがおおい。わたし自身も、航空母艦での発艦・着艦訓練をはじめるときは、いろいろと苦労したが、自分で解決しながらやってきた。ひとに聞けばわかることもおおいが、それではおもしろくない。自分でやり方を会得したときによろこびもおおきい。別に期限が決められているわけでなし、自分のペースでやればいいのだ。「わからない」という状態はたしかに気持ちのいいものではないが、ここを乗り切らないと何をしてもひとに頼ってしまう。自分で必死に調べ、探し求めているとふしぎとどこからか声をかけてくれるひとが向こうからやってくる。そのときのアドバイスは骨身にしみてよくわかるし、すぐに自分のものにできる。趣味だろうが仕事だろうが、「打ち込む」。これしか、わたしにおもいつく方法はない。

■あたらしい企画をもとめて

 今、FS2004でのあたらしい企画をかんがえている。すでに「世界気まぐれ飛行」の旅も77回をもって終了している。次の企画も検討しているが、問題はWebサーバーに関するものもある。わたしは、So-netに50MB、Niftyに20MBの容量をWeb用に借りているが、So-net側にはもう残り10数MBしか空きがなくなってしまった。原因はスナップなどの多用によるものだ。文章だけならまだまだ余裕はある。しかし、飛行レポートにスナップなどをいれるとなると、あっという間に容量は減ってくる。FS関係ではじめにつくったものにスナップが1枚しか載せてないのは、当時、許されていた容量は現在にくらべて、はるかに小さかったためである。その後、少しずつ容量アップがはかられ、現在の最大50MBまでになった。しかし、それもスナップなどを多用すれば、すぐになくなる。パソコン通信以来お世話になっているNiftyにも最低料金で20MBだけ確保してあるが、こちらは以前は使っていたが、今は予備にとっておいてある。今度、FSものを作るとなると、この容量を活用せざるをえない。サイトを別にすると、作るときにリンクの張り方がけっこう面倒になる。これも以前にずっと経験していた。それと、プロバイダ側の都合でサーバーの移転などがあると、リンクの張替えにまた苦労することになる。1つのプロバイダでたっぷりと容量がつかえれば、それが一番である。おそらく、自分のパソコンをWebサーバーにしてしまうのが、一番の近道だろう。しかし、24時間稼動となると、もう個人のレベルではくるしい。というような、あれやこれやの問題もあるため、企画がなかなか進まない。今回載せるものは、あくまでも試しである。URLもNiftyに移動するのがわかるとおもう。いつでもリンクは切れるように、Niftyのサイトを独立させておくことも視野にいれている。企画の実施は、秋ごろにしたいとおもっているが、内容はまだ思案中といったほうが正しい。So-netでせめて100MBまで容量をふやせると本当はたすかる。

 個人のレベルではあまり無理をする必要もないのだろう。あくまでも趣味の一環でしかないのだ。そういうものにもつい打ち込んでしまうわが身の性癖にときどき情けない気持ちになることもある。これをつづけて、一体なにになるのだ?と。「ブログ」などの利用もかんがえはしたが、これも容量の壁がある。ここまでつづけてくると、10年間だけつづけようなんて、少しその気になっている。あと、3年ほどだ。そこまでやれば、自分としては一区切りつく。そこで、このサイトもひとまず終了とする、というのが今のところの予定である。もう、個人でホームページを維持する時代も終わりに近づいているとかんじている。あたらしい企画を…とかんがえているうちに、こういう形式のものの限界がみえてくる。あと、数年だろう、こういうサイトも。

 2005/08/18 (木) 12:10

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ 目次へ ■ TopPageへ