TopPage


FSXで飛ぶ相模川下り


厚木基地で離陸をまつBaron58、ディフォルトでも大山がきれいだ。

厚木基地で離陸をまつBaron58、ディフォルトでも大山がきれいだ。

相模川上流の相模湖、城山湖まで行ってみる。この辺の景色もきちんと見れるようになった。

相模川上流の相模湖、城山湖まで行ってみる。この辺の景色もきちんと見れるようになった。

相模湖上空で左旋回して、これより相模川下りにはいる。

相模湖上空で左旋回して、これより相模川下りにはいる。

相模川下りの終点、茅ヶ崎の海岸まで飛んできた。FSでここまでできることに感動。

相模川下りの終点、茅ヶ崎の海岸まで飛んできた。FSでここまでできることに感動。

厚木基地の滑走路にこれより着陸。わたしのホームグラウンドはいつもすてきだ。

厚木基地の滑走路にこれより着陸。わたしのホームグラウンドはいつもすてきだ。

■ついにFSXでの飛行が本格的にできる

 待ちにまった「FlightSimulator X」が1月26日に発売になった。わたしは「7dream.com」で予約をしていたので、安心して購入することができた。製品のパックは、本当に小さく地味なものになっていた。が、本体はDVD-ROM2枚に入れてあり、CD-ROMでの提供はない。容量は大きくて、インストールにもけっこう時間がかかった。26日の夜半には我慢しきれずに飛んでみたが、昨日ときょう、ようやく本格的に飛べるようになった。Demo版では、日本国内のシーナリがどうなるのかわからなかったが、買ってみて飛んでみると、じつに細やかな表示になった(152mメッシュになったと聞く)。今までのバージョンでは、わたしの在住する神奈川県中央部は相模川もなくて(関東シーナリのような別のソフトをいれると出る)、ちょっとさびしい想いをしていた。今回のバージョンでは、ディフォルトの状態でも、この相模川が表示される。この目印があれば、わたしの自宅の周辺もかなりはっきりと特定できる。

 今朝は、この相模川下りを飛行機でやってみようと飛び立った。厚木飛行場(厚木基地)を北方に向けて飛び立ち、まずは、相模川上流の相模湖・城山湖まで足をのばしてみた。今までのFSではこの辺はかなり粗雑であった。今回のFSXでは、上にスナップを載せたようにきちんと表示される。なんともうれしい限りである。そこで、さっそく上流から茅ヶ崎の河口までの「相模川下り」をしてみることにした。飛行機は「Baron58」がいい。丹沢山系と富士山を右手に見ながら、のんびりと飛行してみた。時間にすれば、それほどもかからないのだが、キャンプ座間や厚木市などが以前に増して、きちんと作りこまれていて、さすがである。

 FS2004が最後で、もうFSは出ないのではないか、と気落ちしていたが、今回3年ぶりに新しいソフト「FSX」が出て本当にうれしい。これから、このFSをつかってどんな企画をしていくか、思案中である。

■しばらくはディフォルトのままで

 今までだと、インストールすると、すぐにあれこれのソフトをいれてしまうことが多かった。だから、ディフォルトの状態でどんなだったかわすれてしまい、あとは雪だるま式にどんどん機体の数やシーナリがふえてしまっていた。今回は、しばらく、このディフォルトの状態で飛んでみて、少しずつカスタマイズしていこうとおもっている。まだ、このソフトのフォルダ構成も十分に確認していないため、これからよく調べてから、やっていくつもりだ。

 PCの性能の要求度がおもった以上に高く、いずれはPCのアップグレードもかんがえていく必要がある。ただ、現在の経済状態では新規のPCを購入するのはちと無理。今ある資源をできるだけ利用して、少しでも快適にうごくようにしていくつもりだ。まずは、この新しい「FSX」を十分に知り尽くし、それから自分だけのFSの世界をつくっていこうとおもっている。

 2007/01/28 (日) 15:06
 

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ 目次へ ■ TopPageへ