TopPage


F/A-18EでFSXを飛ぶ


F/A-18EでひさしぶりにFSXを飛ぶ。このところ、飛ぶ時間が取れず、本当に残念だ。

F/A-18EでひさしぶりにFSXを飛ぶ。このところ、飛ぶ時間が取れず、本当に残念だ。

■不思議と取れない飛行の時間

 FSXをインストールして、さらには最近「SP1」も当てて、十分に飛ぶ環境は整っているのだが、どうにもゆっくり飛ぶ時間が取れないでいる。土日もほとんど仕事に行くし、平日には昨年からはじめた「居合」の稽古に週2回まじめに通っている。夜、家でゆっくりとした時間を過ごすことがめっきり減ってしまったのが原因だろう。パソコンに向かうのは、メールの送受信とネットでの調べ物などのときだけだ。夕食時に晩酌をして、風呂にはいるともう眠くなってしまう。近頃では、布団にはいるとほとんど瞬間的に寝入ってしまう。職場が近いせいか、返って仕事の時間がふえている。朝7時に出勤して、帰宅も19時ごろだから毎日12時間労働をしているみたいで、気をつけないと「過労死」になってしまう。まァ、わたしはそれほどの仕事人間ではないから、自分でコントロールをしようとおもえば、仕事はテキトーにすることは可能ではあるのだが…。

 FS2004で飛びまくっていた「F/A-18E」は、今度のFSXに入れるためには仕様がちがうため、自動でインストールすることはできない。一旦、自分で仮に作っておいたフォルダなどに解凍して、そこを手動でFSXのフォルダに入れるようにする。このやり方は、とくにどこにも書いてないため、いろいろなやり方があるのかもしれない。この辺の作業は「自己責任」でやることになる。それができたら、あとはFS2004のときと同じだ。ただし、機体の選択のときに「すべての機体を表示」にチェックをいれないと、相当の種類あるこの機体は選択ができない。ジェット戦闘機の中では、この機体が一番好きなので、これで飛んでいれば極楽である。

 最近でた「SP1」をインストールすることで、データの読み込みがかなり改善された。それと、フレームレートが少しあがるようだ。ただし、このサービスパックはデュアルCPUでの機能改善を主にしているため、わたしのマシンのようなシングルタイプのCPUでは、それほどの効果は期待できないみたいだ。基本的にCPUは3.0GHz以上を想定しているため、それ以下ではときどきカクカクする現象がおこる。フレームレートを無制限にしてみると少し改善する。このような設定変更は、各自でいろいろ試してみるとたのしいかもしれない。FSXでなくても、FlightSimulatorは以前のバージョンのものでも十分にたのしめる。自分のもっているマシンの性能にあわせてインストールされればいいのでは、とおもう。

 今朝は、本当にひさしぶりに家でのんびりできて、これを書いている。すでに、仕事に行く娘は出かけていった。残りの家族はまだ寝ている。朝の早いわたしだけがパソコンの前に座り、更新作業をしている。昼前にはまたちょっと職場に行くが、疲れもたまっているので、午後は日帰りの湯にでも出かけてこようかとおもっている。

 2007/06/10 (日) 8:33

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ 目次へ ■ TopPageへ