HomePage


転勤しました!


■ 転勤してようやく1ヶ月

 4月1日に辞令の交付が新しく転勤することになった高校でありました。これで正式に新しい職場に移ったことになり、気持ちも新たにスタートすることになりました。前任校には6年在職しましたから、それなりの感慨もありましたし、転勤にあたっての県教委の転勤先提示にもいろいろ言いたいこともあったのですが、一旦決まってしまった以上、あれこれ言うのも面倒なので、気持ちを入れ替えて新しい職場でやれるだけはやってみようと思うようになったところです。

 今度の職場で中・高あわせて5校目になります。今まで一番長く勤務した学校は8年ですから、大体6〜7年くらいで次のところに移動したくなるのが、私の習性のようです。高校は3校目ですが、運が悪いというか、いわゆる「進学校」のようなところへは行ったことがありません。ほとんど「サブマリン状態(潜水艦ですから…もぐったらなかなか浮上しない)」で世間的には「底辺校(課題集中校=教育困難校)」とか称されるところを専門的に回っている感じです。別に県教委の人事を担当する人をとやかく言うつもりもないのですが、そういうところを全然経験しないで、上昇気流に乗りっぱなしの人もけっこういる現状をみると、「裏に何かある??」と勘ぐりたくなるのは人情でしょう。でも、ここではもうそういう話しはしません。

 転勤しての1ヶ月は本当に疲れました。まず、通勤方法が変わりました。それまでは「車通勤」でしたから、家から出てほとんど歩かずに職場に着いて、終わるとまた自宅まで。と全くと言っていいほど歩きませんでした。この4月からはこれが「徒歩35分」に変わったのです。自宅から職場までは車だと早いときで5分で着いてしまうので、これではますますお腹の脂肪が増えるだけ、と山のトレーニングも兼ねて「徒歩通勤」にしたのです。雨の日は歩道が狭く傘をさしての歩きは危険もあるので、車で行くことにました。4月は天気にも恵まれ車で行ったのは2回だけでした。お腹に手を当てると驚いたことに少しずつへこんできたのです。それまでは、見るのもおぞましく、このところ測ったことのない体重計に思いきって乗ってみたところ、なんと3キロも体重が減っていました。これは、日ごろ「太ってきた、太ってきた」と言っているカミさんも体重計の針を見て、たしかに3キロ減ったことを確認してくれたので、間違いありません。思わぬところに「福音」があったものです。それと、通勤のストレスがなくなったので、部活動にも顔を出してみようという気になり、「女子硬式テニス部」の練習に少しずつ参加することになったのは、自分でも驚いています。もちろん、肉体的・精神的な疲れは当然ありますから、4月全体としては「まずは疲れた」というのが正直な印象ですが、新しい環境に少しずつ慣れていけば、この学校に勤務している間にかなり身体的には以前の状態に戻れるのでは、という期待をもつようになっています。

■ この職場にいる間に

 今度の学校は残念ながら、「勉強」に目の向いている生徒は非常に少ないです。朝も遅刻をしてくる生徒が多く、帰りは授業が終わると蜘蛛の子を散らすように帰宅してしまいます。かろうじて部活動の生徒が少し残るだけです。ですから、授業が終わると15分も経たないうちに学校からは生徒の姿が消えてしまいます。

 この環境を何とか活用できないか?と思い、自分の目標を作ってやり始めています。今年中に「シスアド試験」に合格して、来年は「第二種」の試験に挑戦してみようかなと考えています。C言語の勉強も毎日出勤した後、朝15分ほどするようにしました。パソコンには「Visual C++」のソフトも入れたので、簡単なプログラミングの練習もはじめました。それと、今年は「化学」と「くらしの科学」という授業を担当していますから、「化学」の勉強を再度やりなおして自分なりに「化学」の内容をしっかり教えられるレベルに持って行けたら、とひそかに思っています。もちろん専門の「物理」のほうも、「使わぬ刀はさびる」ものなので、少しテーマを決めて勉強しなおしてみようと考えています。とりあえず今年は「電磁気」のところをしっかり復習しておこうと予定しています。

 ま、あれもこれも自分の勝手な計画なのでどこまでできるかはわかりませんが、怠けながらも続けることが大切と少しずつ取り組んでいます。この職場で自分がどれだけやって行けるかは多少不安もあるのですが、健康上の問題がなければ、何とかなるだろうと気楽に考えるようにしています。そうでないと、こういう職場では「精神的な病」になってしまいそうな気がするのです。無理をせず、自分の中の自然の流れに従ってやっていこうと思い始めている今日この頃です。

                                                        1999/05/05

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ HomePageへ