TopPage


インターネットブラウザーのちがい


■インターネットブラウザソフトのちがい

 現在では、インターネットのブラウザに用いるソフトといえばMicrosoft社のInternet Explorerがふつうになっているようにおもいます。しかし、ご存知のように、この分野の老舗といえばMosaicをルーツとするNetscapeが数年前までは主流でした。Microsoft社のWindows OSとの抱き合わせ戦略により、現在のようにInternet Explorerが形勢を逆転してしまったのです。いつもながら、セキュリティーホールの問題など、バグを抱えながら使われているのも、他に代わりがないためでしかありません。今やNetscapeは少数派に成り果てて、かろうじてオープンソースの形で提供されているだけになってしまいました(Vectorなどで調べるとブラウザーはその他にもいろいろあることがわかります)。じつは、このブラウザーによってインターネットのホームページの見え方(色合い・文字の表示・全体の雰囲気など)がかなりちがうことを知っている人は意外に少ないのではないでしょうか?
 
 私は、現在インターネットのブラウザ(ここではホームページを見ること)には、Netscape Communicator4.7とNetscape6.1、そしてInternet Explorer6の3つを併用しています。それぞれに使いやすい面、そうでない面があり、一概にどれがいいともいえません。長く使っていて使いやすいのはNetscape Communicator4.7ですが、これとて最近ではこのソフトでは表示できないページがけっこう出てきて、困ることも多くなってきました。毎日のように訪れている飛行機関連の「FLIGHT INFO」というページのトップページも先週あたりの模様替えの結果Netscape Communicator4.7(以下NC4.7と略す)では、表示されない部分が出てきて、Netscape6.1(以下NS6.1と略す)で見ることが多くなってきました。Internet Explorer6(以下IE6と略す。すでにバグあり)は自分のホームページがどのように表示されるのかをチェックするために用いることが多いです。ふつうは余り使いません。9月から猛威を振るっているウィルス「NIMDA」もこのIE5.*&6のセキュリティーホール(プログラム上の弱点)を狙って入り込むものでした。IEもメジャーになってしまったために、クラッカーたちの標的に立つことになったのです。自ら招いた結果かもしれませんが、知らないで使わされているパソコン初心者たちにとってはいい迷惑ですね。何といってもパソコンを買うとIEはすでにインストールされており、それが当たり前になっているのですから、「インターネットといえばIE」とおもい込んだとしても仕方のないことです。Netscapeなどという存在さえ知らない人がおそらく多数になるのではと推測しています。NC4.7も多少バージョンアップして4.78まで出ているので、50分(ISDNで)もかけてダウンロードしてインストールしてみましたが、上記のHPなどが表示されないのは変わりませんでした。これらのブラウザーソフトは、PC関連の雑誌やInternetからダウンロードするしか入手の方法がありませんから手に入れるのも大変です。Netscapeなどは雑誌付録のCD-ROMにも入ることが少なくなっているため、より入手が難しいのかも知りません。もう、NCの役目も終えたのかもしれませんね。ウィルスなどにはこちらのほうが強いのに・・・。
 
 NS6.1はNC4.7シリーズとは全く別物だとかんがえたほうがいいようです。開発しているメンバーもちがいますし、見かけもNC4.7とは相当にちがいます。第一、起動の速さがタラタラしていて、遅いのです。しかし、それもこういうものなんだと割り切ってしまえば、あとはほとんどの機能はNC4.7から今までのメールもアドレス帳もきれいに継承されるので助かります。私がNetscapeを捨てがたいのは、メールのほとんどをNetscape Messengerを使ってやり取りしているせいです。他のメールソフトにも挑戦してみましたが、どうも相性が良くないようで、結果的にこのメールソフトを使うようになったのです。NC4.7までは、このメールソフトがブラウザと統合されており、ブラウジングをしながらメールの送受信もできるのと、メールソフトだけをオフラインで起動してゆっくりメールを書いたりできるところが気に入っていたのです。今度のNS6.1では、この辺がInternetに常時接続している環境を想定して作ってあるせいか、少し使いづらい面があるのです。職場では常時接続になっており、その環境でメールも書けるのですが、自宅ではまだISDNのダイアルアップ接続ですから、オフラインの作業ができないと困るのです。NS6.1はカスタマイズがかなりできるため、自分で設定を変えて使えるのですが、やはりNC4.7ほどの使い勝手は良くありません。ブラウザーとしての機能はNS6.1で、メールはNC4.7のメールソフトをと使い分けているのが現状です。Microsoft社のOutlook Expressはどうも使い勝手がよくなくて、ほとんど使っていません。バグも多く絶えず修正版を入れないといけないのも気になっています。これを使っている人は、他のメールソフトで受信したときに異常に文字が小さいのですぐにわかります。このソフトを使うときは、まず使う文字フォントの大きさを大きくする設定にしてから使わないと、相手の人には見づらいなどの短所を知っておく必要があるとおもいます。

 それとメールは基本的に「テキスト(文字装飾のない)形式」が基本なのですが、HTML形式の設定のまま送信してくる人も多くいます。Microsoft社のものは、これが当たり前になっていますから、自分で設定を変えられない人は知らずにそのまま送信しているケースが実に多いです。その際たるものがOutlook Expressです。困ったメールソフトです。
 
■どれもこれも一長一短

 パソコンの師匠である佐々木くんからジャストシステム社で出している「Shuriken Pro」というメールソフトを紹介してもらいました。何でも、Netscape Messengerからのメールの取り込みもできるとのこと(これができないものがとても多い)を教えてくれたので、少し気持ちが傾いています。一太郎10を買ったときにも、このソフトのLight版がついてきたのですが、それはメールの取り込みができなかった(Netscape Messengerは対象外)ので、諦めてアンインストールしてしまったのです。どうも「Shuriken Pro」のほうはそれができそうなのです。しかも、このソフトはインターネット上からダウンロードするしかなかったのが、パッケージ化されて売られているとのこと。Wz Editor4.0にもメールソフトが付いていたけれど、これもNetscape Messengerからのメール取り込みができずに断念という次第で、どのメールソフトもほとんどがNetscape Messengerの存在など眼中にもないようす。Outlook ExpressとEudoraなどが主たる取り込み先になっており、私は完全に取り残されてしまったようです。でも、まったく気にしていません。別に今のメーラーが正常に動いていれば、メールは今まで通りできますし、新しいメーラーにしたって書く内容がよくなるわけでもないので、このまま大切に使いつづけようかなともおもっています。

 いつのまにか、メールソフトの話になってしまっていましたが、本題はブラウザーでした。これは、ディフォルトのまま使うなら、Internet Explorerが使いやすいのかもしれません。バグが多いのはMicrosoft社の常。絶えず修正に付き合ってゆくしかありません。私は、Netscape6.1を少々カスタマイズして文字表示を自分の好きな感じにしたりして使っています。人それぞれ好き好きですから、自分の気に入ったものを使えばいいでしょう。これは、インターネットのホームページを見るためのものですから、相手にそれほど影響はない(はず・・・でも今後は変わるかも)。気に入ったものを使えば、あとは見るものの内容に集中できるというもの。ホームページも自分の見ているものが、そのページそのままというわけではないことを理解していれば(つまり、ちがうブラウザーではちがうように表示されている可能性がある)、何も問題はありません。

 ブラウザーも1つだけというのは、これからは危険かもしれません。そのソフトにセキュリティーホールのような問題があれば、そこから入り込むウィルスなどを作るクラッカーは必ず出てくるものです。クラッカーはメジャーなものに挑戦してそれを破壊することに快感を感じているようです。ですから、多少マイナーでもそれなりの機能がついているものを使っていれば、そういう犯罪からはパソコンを守れるかもしれません。どのソフトにも流行り廃れはあるものです。あまり、どれかに特化するのが一番危険なのかなーなどと考えながら、Netscapeにこだわりつづける私でした。

 2001/10/14(日) 09:23

★追記
 
 この文章を載せるにあたって、一応本屋さんでPC関係の雑誌を覗いてきましたら、最近出たばかりの雑誌にNetscape6.1が収録されており、「IEと人気を2分する・・・」などと評価されているのをみて、苦笑してしまいました。元々、Netscapeの方が歴史があり、一時はブラウザーといえばNetscapeだったのに、Microsoft社にしてやられたためにこういう状態になってしまったからです。

 これは、ブラウザーをバージョンアップするときの注意ですが、あまり詳しく説明したものがないので書いておくと、いずれのソフトも以前のバージョンを「コントロールパネル」→「アプリケーションの追加と削除」から一旦削除してから、新しいバージョンをインストールします。上書きインストールはいけません。ただし、Netscape Communicator4.7とNetscape6.1は全くちがうソフトなので、Netscape6.1をそのままインストールしてかまいません。別のフォルダにきちんと分けてインストールされます。それと、以前のバージョンで使っていた設定やアドレス帳、ブックマーク、メール類などもほとんど自動的にインポート(移動)してくれますから、すぐに乗換えができます。Internet Explorerからのインポートも問題なくできます。NC4.7とNS6.1を併用してつかうことは全く問題がありませんから、しばらくは併用するほうがいいかもしれません。余計なことを書いた気もしますが、私自身が迷ったことがあるので、ふつうのパソコンのレベルの人でしたら迷っても当たり前とおもい、追記してみました。

 2001/10/14(日) 14:26

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ パソコンの部屋メニューへ ■ TopPageへ