TopPage


やっとISDNに…


■ようやくたどりつきました。

 5年ほど前にパソコン通信に接続して、14400モデム・28800モデム・56kモデムと引き継いできて、ようやく昨日(99/12/01)「ISDN」接続になりました。今までお世話になったモデムたちはそれぞれ箱に入れられてタンスの上に並んでいます。「お疲れ様でした」と声をかけたくなります。

 新しいISDN用のTA(DSU内蔵)は、配線の関係もあってSUNTAC TS128JXVという機種にしました。これは、本体を電話の元ジャックのところにおいて、そこからパソコンのとなりに「ESP」という分配器のようなものを6極4芯のケーブルでつなぐ(私の場合は本体が1階にあり、そこから2階のパソコンまで10mの配線)ことで、ISDNが使える便利な機種です。複雑な配線をしなくても既存のものをそのまま利用できるので購入して正解でした。

 今までISDNにできなかったのは、「電話の基本料金が高くなる!」という家内の意見を尊重していたためです。我が家の経済事情に一番くわしい家内のいわれるとどうしようもないのです。f^^;) しかし、家内がパートにでる機会が多くなり(子供も大きくなりそれぞれ学校の費用もふえてきているので…)、そのための連絡が私のInternet利用と重なることがたびたびあり、「連絡がとれなかった、と同僚にいわれてしまったよ」という家内のことばもあり、2回線利用できるISDNの設置を検討し始めたわけです。正直なところ「これはいいチャンスだ!」という気持ちもありましたが、先々のことも考えると今が時期なのかな?という素直な感想でした。思い立ったらすぐに行動!が私の性格なので、はやばやと家内にいわれた翌日にはTAを買いに町田に足をはこんでしまいました。目指す機種はあまり売れ筋ではないため、売っているかは疑問でしたが、店(町田のヨドバシカメラ)に着いてさがすとすぐに売っているのを確認して、勢いで購入してしまいました。接続1週間前ほどです。購入したその足で、すぐに自宅の近くにあるNTTの支店にかけこみ、「INSネット64」の申し込みをするという早業です。1週間後に接続のための切り替えをするとのことで、そわそわしながらその日を待ちました。切り替えの日には、別件で大事な仕事もあったのですが、「いよいよ今日だな」という気持ちでかなり気にはなっていました。結果的には私が仕事を終えて帰宅したときには、もうNTTの人が来て帰ってしまっていました。電話もTAにつながれていて、私のすることといったら、パソコンの設定をすることだけでした。

 ここで、失敗談。ISDNの切り替えをする前に、パソコン側の設定をすませておこうと余計な考えをおこし、前日に電話のジャックをはずして、パソコンの設定をしてみたのです。実はこれが原因で、電話が不通になってしまったのです。私はそれを知らずに、嬉々として「これでパソコンの設定はばっちりだ」などと思い込んでいたのです。当日、NTTの人が何度も自宅に電話をしたそうですが(工事に行くという連絡)、まったく通じなかったのだそうです。自宅に戻って家内に「まったく、あわてんぼうなんだから…」といわれましたが、返すことばもありませんでした。

 TAのドライバは前日にインストールしてありましたから、あとはInternetに接続できることを確認するだけです。さっそく「So-net」へ接続してみました。今までのモデムとちがって何も音が出ないのが不気味です。すぐにつながりました。IDとパスワードの確認に1分くらいかかり、そのあとすぐに「So-net」のホームページがパパパっという感じであらわれました。「速いなー!」と素直に喜ぶ。他のページへも飛んでみましたが、64kで安定しているせいか、画面がテキパキ変わっていって気持ちがいい。ようやくISDNに変えた喜びがじわじわと沸いてきて、一人で微笑んでしまいました。これでInternetとの接続はOKです。次の課題はNiftyへアクセスするために使っている「Nifterm」という通信ソフトでISDN接続ができるかです。これは、最初、設定をまちがえてしまって失敗。夕食後再度設定をしなおしてアクセス(これも数日前にISDN接続のできるアクセスポイントをチェックしておいた)すると、今度は無事に接続できました。メールが1通どうしても受信できないので、これは手動で「ログイン」して、受信しました。そのあとのメール(科学史メーリングリストというのに入っているため、ほぼ毎日何通かのメールが届くのです)は順調に受信できているので、これで一応パソコンの設定も終了となりました。(後日談)友人の佐々木くんと会った際、ISDNで接続するとき少し時間がかかるみたいだ、と話したら、「いや、10秒もかからないで接続するよ」といわれ、おかしいなと自宅にもどってからしらべてみたら、なんと「ダイアルアップ」の設定の中の「サーバーの種類」で、「DNSアドレス」を入れるのを忘れていたのです。こういう設定はそう頻繁にしていなかったので、まったくまぬけなことをしてしまいました。この設定をしたら、接続は10秒以内にできるようになり、快適さが一段と増しました。いつになっても失敗ばかりで苦笑しました。

 Internetにアクセスしていると1階の電話が鳴りました。何やら家内が電話ではなしをしています。「ISDNか…、なかなかいいなー」と感じ入った次第です。ようやくたどりついた「ISDNの世界」に複雑な気持ちを抱きつつ…。

1999/12/06(月) 07:22 職場にて

■ TopPageへ ■ 次のページへ