Home Page


パソコンができるって?


■■はじめに

私たちの職場でも、最近パソコンが流行っていて「パソコンができるようになりたい!」とという人がふえてきているようですね。そこで「一体パソコンができるってどういうことなのだろう?」とへそ曲がり的に考えてみました。

先日の出来事

パソコン教室で仕事をしていたら、偶然パソコンの定期点検に来ていた技術者と出会
いました。ちょっとLAN(Local Area Network)の組み方がどうなっているのかを聞いてみました。親切にも丁寧に説明してくれました。専門家ですから当たり前って言えば当たり前です。私も別に「よく知っているなぁ」などと感心したり尊敬したりしませんでした。毎日やっているのだから、当然です。

さて、職場で見ていると「あの人はパソコンができる」とか、何か特別のような感じで言われるように思えます(こりゃ私だけかな?)。上の技術者の場合と比べて、何か変な感じがしませんか?考えるにこれはどうも「本職があるにもかかわらずパソコンにも通じている。」と言っているのではないでしょか。

「パソコンができる」って具体的にどんなこと?

パソコンでいろんな文章をビシバシ書いたり、表計算ソフトやデータベースソフトを
軽々と使いこなし、周囲の驚きの表情を背中に感じながら「ニヤッ」とする人もいます。でも、このことくらいなら毎日仕事で使っている人は世界中に何百万人もいます。パソコン通信・Internetももう普通の使い方です。別に「車が運転できる」ことを誰も特別な目で見たりしません。パソコンだって同じではないでしょうか?いろんな分野にプロがいるのと同様に、パソコンの世界にも数え切れないほどのプロがいます。

「誰が一番パソコンを使いこなしているか?」なんて質問すること自体が変ですね。私たちが毎日使うパソコンのソフトを作る人が一番上手に使っているわけではなさそうです。システムエンジニアの人とか研究者の人とかが使いこなしているわけでもなさそうです。確かに一部のことについては詳しいことはわかりますが…。
どうも、自分で好き勝手に使い、自分なりに満足していれば、それで「パソコンができる!」と大声で言ってもいいような気がします。

そこで、自分なりにパソコンの実力を見るための1つの判断材料を提供して、それぞれの人が自己満足してもらえればと考えてみました。
いろんなばかばかしい項目もあるかも知れませんが、思い付きですのでご勘弁を願います。レベルは勝手に作ったものですので、あまり気にしないでください。
なお、WINDOWS ××をひとまず前提にして考えています。

では、

<初級>
(1) パソコンの電源を入れ、自分で安全に終了できる。
(2) 文字の入力をローマ字で入力でき(カナ入力は×)、大文字・小文字・記号など の入力がスムーズにできる。
(3) キーボードでタッチタイピング(キーを見ないで打つ)がほぼできる。
(4) マウスの左・右のクリックができ、ダブルクリックもできる。
(5) 新しいフロッピーディスクの初期化(フォーマット)ができる。
(6) 2つぐらいのソフトがほぼ使える。

<中級>
(1) フロッピーディスクのコピーを2つ以上の方法でできる。
(2) 新しいソフトを自分一人でインストールできる。そして、不要なソフトは削除で きる。
(3) データのフロッピーディスクへのバックアップができる。
(4) 「Explorer」などのファイル管理機能をほぼ操作できる。
(5) パソコンの雑誌の内容が、読んで7割は理解できる。
(6) 新しいパソコンの技能を覚えるのが、楽しくできる。
(7) パソコンでわからないことが出ても、別に躊躇することなく知っている人に気楽 に聞け る。
(8) パソコンのしくみが大体わかる。
(9)パソコン通信やInternetに自分一人でつなげて、e-mailやWWWなどを楽しむこ
ことができる。

<上級(あるのかな?)>
(1) パソコンにいろんな周辺機器を自分でつなげる。
(2) ソフトをパソコン通信やInternetなどから自由にダウンロードして、使える。
(3) パソコンの中身を自分で覗いて、グレードアップなどもできる。
(4) パソコンそのものを自分でつくってしまう。
(5) Internetのホームページなどを自分で作り、情報発信ができる。
(6) 以下……etc

もう何も言うことはありません。あなたは立派な「パソコンの達人」です!
「まだ、LANやWAN・データベース・プログラムがあるじゃないか!」という人、それはプロの仕事です。私たちは楽しめばいいのでは?

独断と偏見の「巻」でした。失礼しました。m(_ _)m

前のページへ ■次のページへ ■ Home Page