TopPage


No.5<トラブル発生!>


■トラブル発生!音がでない、ジョイスティックが効かない…

 Windowsの起動の途中で、一瞬画面が止まり、その後エラーメッセージがでてくる現象は何度やっても続いた。佐々木君の経験では、これはBIOS段階の問題はなくて、OSであるWindowsの問題だろう。Windows98の上書き再セットアップをしてみると、直るかもしれない、という話。さっそく、Windowsフォルダの中のOptionsに入れてあるWindows98の本体のファイルをみるとsetup.exeもしっかりあるので、それをダブルクリックして上書きインストールを開始する。

 話は前後するが、じつはぼくのパソコンには「携速98」というCD-ROMを圧縮して保存して仮想的にCDドライブを何個か作って、そこで再生するソフトが入れてある。これは、CD-ROMを入れておかなくてもゲームソフトや音楽などを再生できるため、かなり重宝している。しかし、こういう再起動が何回も伴う作業のときには、仮想のCDドライブからはずし(マウントから降ろすなどという)ておくことが大切だ。ぼくは、このことをすっかり忘れてしまっていて、途中でこの作業をしてから再度やりなおすという失態を演じてしまった。このタイプのソフトには「CD革命」というのもあるが、これも原理は同じなので、こういう作業のときは、まずはずしておくのが原則である。

 さて、Windowsの上書き再セットアップもすんで、今度は大丈夫だろうと、再起動をかけてやってみたが、やはりさっきと同じ場所で、エラーがでてしまった。この頃には「どうも音が出てこないなー」とようやく気づきはじめていたが、エラーの原因が何かまでは特定できなかった。あれこれやってみたが、さっぱりだめで、エラーのでる場面を「Enter」キーでスキップすれば、一応はふつうに起動するのだが、どうにもすっきりしない。時間はどんどん過ぎて行く。この作業をする前は2時間くらいあれば、何とかうまく終るだろうと軽く考えていたが、現実はそうは甘くなかった。そのうちに佐々木君が「音が出ないのだから、Sound Blaster Live!(サウンドカード)をはずしてやってみよう!」と言い出し、カードをはずしてやってみた。そうしたら、何とエラーメッセージが出ることなく、きちんと起動できた。どうも「サウンドカードが壊れてしまったのだろう」というのが2人の結論になった。

 そういえば、このパソコンを購入した頃、スピーカーに接続して音を楽しもうとしたら、何度やっても音が出ず、あれやこれやの作業の結果ようやく音が出るようになったことを思い出していた。それにしても、CPUを800MHzに換えただけなのに、サウンドカードが壊れることなどあるのか?と疑問を感じたが、佐々木君に確認しても「そんなことはないだろう」という話であった。ただ、現実に、交換前は音を正常に出していたのだから、この交換によってパソコン環境が変わり、カードが壊れてしまったようなのだ。これが本当かどうかは、おなじSound Blaster Live!を買ってきて、付け替えたときに正常に音が出るようだと、このカードが壊れていることがわかるだろう。しかし、同じタイプのものが売っているかはわからなかった。

 もう1つのトラブルは、USB端子につないだMicrosoft社のジョイスティックSideWinder Force Feedback2が全く認識されないことであった。これが使えないでは、最大の目的であったFS2000やCFS・CFS2を快適に楽しみたいという願望が果たせないことで、これは非常にショックであった。「せっかく800MHzにしたのだから、何としても正常に動くようにしたい!」という決意はあったが、「もし、だめだったら…」という不安も隠せなかった。しかし、ちょうど読んでいたゼロ戦のエースパイロット坂井三郎氏の『大空に訊け』光人社の中で「粘りに粘ってめげない」という言葉があって、「パソコンも人間の作った機械だ。機械ならかならず直せるはず」という不思議なくらい強い信念みたいなものが身体の芯から沸いてきて、「直してやる」と強く決意した。

 こうして、トラブルを抱えたまま、1月7日(日)は、時間切れになって作業は終った。

 次の日からは、ぼく自身の力でできることはやってみて、パソコンを元の状態まで直すよう精一杯やってみるしかなかった。いろいろなMicrosoft社のHPでサポート情報を検索したり、Windows98のFAQ(?FQA)のHPで調べたりしてみたが、これに似た現象は見つけることができなかった。音無しのパソコンでメールを送受信するだけしかできない日々が数日続いた。この間、取り外したサウンドカードをもう一度差し込んでドライバーも再インストールしてみたりしたが、結局徒労に終ってしまった。まだ、希望の光は見えてこなかった。

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ メニューへ ■ TopPageへ