TopPage


プリンターが正常に動いてくれない!


 長い間、原因がわからず悩まされた問題といえばプリンターの異常動作です。これは最近まで自宅で使っていた自作機1号機での問題でした。3年ほど前のことです。キャノンのBJC-210Jという安物のプリンターを購入して、パソコンに接続したのですが、印字すると最後が変なとぎれかたをしてどうしても直らなかったのです。プリンターからのコネクタはパラレルポートになっており、パソコン側もパラレルポートに接続しました。Windows95のコントロールパネルからプリンターの設定やシステムデバイスの設定も何度も確認したのですが、どうも異常はみられないのです。1ヶ月以上もそういう状態がつづき、諦めの気持ちもおこってきたのですが、どうにも気になって落ち着きません。プリンターあるいはパソコンのどちらか、または設定上のミスなどいろいろ考えました。原因はかならずあると思っていましたから、かならず直せるという気持ちも強かったのです。

 ある日、「ひょっとしたらBIOSの設定で何かおかしいところがあるのではないだろうか?」と思いつきました。それ以前にBIOSを見たときに、「CHIPSET FEATURES SETUP」の項目に「Parallel Port Mode」というのがあり、そこがdefaultで「ECP+EPP」となっていたことを思い出したのです。このくらいの値段のプリンターで「パラレルモード」でデータの受け渡しをするのはおかしいと考えてマザーボードのマニュアルやプリンターのマニュアルを読んでもそんなことはどこにも書いてはありませんでした。が、勝手に「このプリンターはシリアルモードで動くにちがいない」と考えてみました。そして、BIOSを立ち上げて、「Parallel Port Mode」の項目を「Normal」に変えてみたのです。バックアップは取りませんでした。というのも、この項目の変更でパソコン本体に影響のでることはないと判断したからです。

 さて、BIOSの変更をしていったん保存して、パソコンを再起動させました。そして、プリンターの電源を入れて、何かの短い文章を書いたファイルを読み込み、印刷させてみたところ、「やった!\(^o^)/」見事に印刷成功でした。ぼくの読みはあたっていたのです。そのあとに買った同じキャノンのBJC-250Jというプリンターのときも同じ現象がおきましたが、まったく慌てませんでした。もう直し方は同じだったからです。ちなみに私のパソコンのマザーボードのBIOSはAWARDのものですが、他のメーカーのものでも同じやり方で直せると思っています。

 なぜ、こんなことを書いたかというと、こういう個別的な現象については一般のパソコン雑誌や本などにはまず書いてないからです。BIOSなどふつうのパソコンユーザーはまず見ることもないですから、こういう階層の深いところで故障の原因があることもあるという例としてあげてみたのです。

 Saturday, January 01, 2000 6:35:16 PM

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ メニューへ ■ TopPageへ