TopPage


イメージスキャナーとプリンター購入


 つい先日、イメージスキャナーとプリンターを購入しました。イメージスキャナーははじめての購入で、プリンターは4台目です。購入まではかなり迷いましたが、購入を決めてからは素早い行動でした。両方とも町田市にあるヨドバシカメラで購入しました。自分へのメモのつもりで、購入までのようすと、購入後の接続などを記録しておきたいとおもいます。何かの役に立てばうれしいです。

■イメージスキャナー購入

 山で撮った写真や山仲間からもらった写真などが相当にたまってしまいました。アルバムにきちんと整理すればいいのですが、枚数がありつい億劫になってしまいます。私のHPにも山岳会で登った山の記録が載せてあるのですが、そのときの写真はアルバムにしまい込んであるか、未整理のまま袋に入ったままになっています。何とか、山の記録といっしょに写真も載せておきたいと以前からおもっていたのです。しかし、職場にある旧式のイメージスキャナーで1枚1枚読み込むのも面倒くさいし、それにどうも個人的なものを職場でゆっくり作業するのも気がひけます。デジカメを山に持ってゆくにしても、デジカメでは自分で撮るか人に撮ってもらうしかできません。山仲間が撮った何気ない写真の中にとてもいいものがあり、それを山から帰ってきた後にもらうのはとても楽しみなのです。そういう写真の中から気に入っているものをHPに載せたり、山の記録冊子に載せたりできたらいいだろうなーといつも考えていました。

 スキャナーを購入しようかな?と本気で考え始めたのは6月に入ってからでした。以前パソコン雑誌で見かけたCanonの「CanoScanーFB636U」という薄手のコンパクトなスキャナーの値段が実質13000円ほどで購入できるというのがわかったからです。私のパソコン機器はパソコンラック1つにすべてまとめているため、畳半分ほどのスペースにごちゃごちゃ押し込めてあります。この中にスキャナーの入るスペースはありません。使うときだけ簡単に接続でき、いつもはラックの下の少しのスペースに押し込めておけるタイプでないと無理なことは最初からわかっていました。そこで、実物を見てから決めようと、残り少ない小遣いを持って、町田のヨドバシカメラに出かけてみたのです。パソコンコーナーで現物をみると、はたせるかな…私の考えていたものにほとんで近いものでした。他のスキャナーは最初から選択肢からは外れていました。値段は12800円。この日は現金で10000円しか持っていなくて無理かなとおもいまいしたが、ポイントカードの溜まり具合を調べてもらうと何と6000円ほどあるとのこと。これで、買って帰れます。さっそくUSB接続であることを確認して購入しました。ほぼ7000円。

 自宅にもどり、パソコンの後にあるUSB端子に接続して、添付のソフト類をインストールして実際に写真を読み込んでみました。昨年の夏山で撮った写真を用いました。北アルプスの笠ヶ岳の写真です。読み込みの速度も速く、読み込んだ写真の状態も満足のゆくもので買って正解でした。使わないときは簡単にはずせてしまっておけます。厚さ3〜4cmほどですし、全体の大きさも小さいです。それほどの高性能を期待してはいませんでしたので、これで十分です。現在、山の写真と厚木航空ショーの写真をこのスキャナーを利用して読み込む作業をつづけています。USB接続は考えていた以上に便利であることを実感しています。USBハブもあると便利なので購入しました。これからはHPの中にも写真を入れてゆき、少しでも文章では伝えきれない部分を補完していこうと考えています。

■プリンター購入

 昨日、自宅パソコン用のプリンターを購入してきました。今まで使っていたCanonの「BJC-210J」がマシン全体の速度についていけなくなり、もう限界だったのです。今までパソコンのプリンターに関しては、「印刷できればいいや」くらいしか考えていなくて、いつも値段の安いものでそこそこに使えるものを選んで購入していました。自宅で印刷することはほとんどしていませんでしたし、あまり使わないものにお金をかけてもと正直なところおもっていたのです。しかし、使わないとプリンターの調子もおかしくなるもので、どうしても印刷したい肝心なときに、紙の目詰まりを起こしたり、印字が汚かったりで、イラつくこともでてきました。買ってもう3年以上経ちます。その間に性能のいいものが格段に安くなっています。このプリンターは少し調整して、息子に譲ることにしました。息子が現在使っているのは、はるか以前のCanon BJ-10V Selectというプリンターです。これは、私が初代ノートパソコンNEC98ノート用に購入したものです。私が個人で購入したはじめてのプリンターでもあります。まだ使えることは使えますが、用紙を1枚ずつ手差しで入れるタイプではやはり手間がかかります。息子もそれほど印刷することもないので、「BJC-210J」でも十分に役立つでしょう。

 今回購入してきたプリンターはCanonの「BJーF620」というプリンターです。じつは今まで購入したプリンターはすべてCanon製で、いかに私がモノグサかがわかりますね。細かく他社の製品と比較して…などというのがどうも面倒くさくてダメなのです。インクジェット方式のプリンターがでて以来、Canonのプリンターを使ってきたためにそれに慣らされてしまっているのも原因でしょう。印字もまあ気に入っており、使いやすいと自分ではおもっているわけです。値段は標準価格(今となってはほとんど意味がありませんが…)約54000円前後のものが27700円でした。私にとっては、まずまず本格的なプリンターといえるでしょう。まあ、今までがケチって来たというのが本当のところですけれど。標準でカラー印刷に設定するのも今回がはじめてです。今までだとカラー印刷など最初から考えもしなかったため、インクはブラック(黒)しか使っていなかったのです。このプリンターは標準で使うインクが黒・イエロー・マゼンタ・シアンの4色あります。カラー印刷がふつうになってしまったのですね。インクもそれぞれ単体で購入・交換ができるので助かります。モノクロだと1分間にA4サイズ10枚、カラーで5枚の印刷速度です。一昨日まで使っていた「BJC-210J」とは比較にならない速さです。

 さて、プリンターの接続はパラレルポートとUSBの両方ができるのですが、今回はOAタップにコンセントが目一杯差し込んであり、これ以上は無理なので、今までのプリンターのケーブルをそのまま利用することにして、パラレルでの接続にしました。今までのプリンターではBIOSの「Parallel・Port・Mode」を「Normal」(一方向、通常スピード)の状態で正常動作をしていましたが、今回のプリンターはこのModeを「ECP+EPP」(双方向、通常スピード)に変える必要があるようなので、接続の前にパソコンのBIOSの設定を直しておきました。そのあとにWindows98SE(2000にはまだしてない、まだ周辺機器で使えないのがあるため。たとえばジョイスティックなど)にプリンターを認識させ、ドライバー類をインストールしました。ようやく設定終了。いよいよ、テスト印刷。はたして正常に印刷ができるか?印字開始・・・きれいにできました!以前経験したような変な終了の仕方をすることもなく、正常にテスト印刷が終わりました。BIOSの設定を変えたのは正解だったようです。ためしに2ページほどの文章と写真も印刷させてみましたが、じつにきれいに素早く印刷できました。毎度ながら、こういう方面の技術の進歩にはすごいなーと感心しました。

■パソコンも周辺機器次第?

 今回のイメージスキャナー(文中ではスキャナーと略)とプリンターの購入は、自宅でのパソコンの使用法に少なかざる影響を及ぼしそうです。自宅ではもっぱらインターネットとゲームでしか利用しなかったのですが、この周辺機器の充実で画像方面やカラー印刷などの今まで取り組んだことのなかったものへも関心がでてきたのです。写真を何とかしたい→スキャナーの購入→印刷もきれいに出したい→プリンターの購入→自宅でもゲーム以外のことも、という具合に今までとちがった歯車が回り始めたように感じています。

 パソコンの前に1日中張り付いているのも不健康ですから、自宅では最近あまりパソコンに触らないように努力はしています。でも、HPの更新も滞りがちなので、少しはやむをえません。きょうも早朝から起きだして、パソコンに向ってこんな文章を書いています。もう病気としかいえないのかもしれませんね。f^^;)

 周辺機器を2台もほぼ同時に充実させて、ひさしぶりに気分はハッピーです\(~o~)/。物ばっかりふやすとあまりいいこともないので、これ以上は当分欲張らずに、あるものをフルに利用してHPも充実させていければとおもっています。

 2000/06/18(日) 12:25

■ 前のページへ ■ 次のページへ ■ メニューへ ■ TopPageへ