TopPage


2003年夏山・松田さんのスケッチ部屋


■松田さんにスケッチの時間を…

 わたしたちの山岳会の創設以来のメンバーである「松田さん」は、もともと美術の教師なので、絵を描くことは本当に好きです。ただ、今まで、山に登っても、彼が絵を描くような時間設定を全く考慮しないで計画を立ててきました。そのために、彼には欲求不満の残る山行が多かったのではと反省しています。今年度の山行では、行動時間をできる限り短縮したのは、彼に少しでも絵を描いてもらう時間が取れればという思いもありました。これは、結果論で、そのときには、それほど、彼も用意周到に準備してくるとは考えませんでしたが、やはり、彼は画家でした。しっかりと準備をしてきており、われわれが飲んだくれている間にすばらしい山のスケッチを何枚も描いていました。その中から、彼が厳選したものを3枚ほどいただきましたので、ここに紹介させていただきます。なお、これは、ハガキサイズのものに水彩画で描かれたものです。松田さん!本当にありがとうございました。m(__)m

千枚小屋から南アルプス前衛の山々を望む

千枚小屋からの稜線への道

下山後の椹島ロッジキャンプ場にて、のどかなる風景

■ 大竹山行記へ ■ TopPageへ