*

佐々木公明による  link free / last update on 2007.7.18 ゲストブック  English page  DAVID OISTRAKH BLOG

ベジエ



現在のオリジナル『ヴァイオリンチャット』 現在オリジナルは復活しました。
オリジナルが休んでいた2年間を,かろうじて引き継いでいたのが以下の過去ログです。

ヴァイオリン・チャットのかわり
 このリンク先は「掲示板」でした。
 現在はその役割を終え,2001年3月31日をもって休眠しました。
 以下は多くの皆様方の貴重な書込みの過去ログです。
 皆さまの投稿,ありがとうございました。
'99/年3月14日/メニューイン追悼まで   '99年3月/確かにgooでヒットするね!   '99年4月/MIDI や MP3 の話題

'99年5月/G・ヒューブナー/左利き/ララ・セントジョーンズ/加藤知子/サラ・チャン/西六郷少年合唱団/ラモー/戸田弥生
'99/6月/デニス・マツーエフ/和波孝禧/ザハ−ル・ブロン『ベトコン』/堀米ゆず子『スコ幻』/失語症 /コダーイ/ゴダール
'99年7月/レーピン演奏会&ミニ・ライブ   '99 年7月/ヴェンゲーロフのブラームス協奏曲/ラカトシュ
'99年7月/ピタゴラス音律の話/スティーヴ・ヴァイのパガニーニのカプリース
'
99年8月a/ヴェンゲーロフ/トリオ・ソヌリー/アッカルドのブルッフ/川畠成道ライブ/ケネディのブラームス/ラメント
'99年8月b/ジョージ・ウィンストンのエフェクト/渡辺茂夫氏逝去/ Mozart #3カデンツァ/BSのラカトシュ
'99年9月a/ショスタコーヴィッチ「24の前奏曲」/ Mozart #3/汚い音楽/アッカルドのブルッフ
'99年9月b/アッカルドとグリュミオ/サイトウキネン/小森谷功/天の岩戸説/ポンティチェロ
'99年10月/プロコフィエフV.C.#1/演奏家と観客の問題/ヴィオラのことも/庄司紗矢香/クレーメルのシューマン/大進タワレコ
'99年11月/ BACH の話/ヴェンゲーロフのビデオ/辻井淳リサイタル/ソフィア・ゾリスデン/栗原幸信/レイチェル・ポジャー
'99年12月/スターリンとショスタコ/ヴィオッティとプロコフィエフ/ラカトシュとフバイ/庄司紗矢香掲示板/音感や音律の話

'00年1月/ BACH 無伴奏聴き比べ/寺神戸亮の BACH /中野ZEROの渡辺玲子/ヴェンゲーロフ上映会/庄司紗矢香/ウーギ
'00年2月a/ギトリスの再放/ロン・ティボー・ガラ/ソリストとしてのコンマス/藤原浜雄/荒井栄治/大進の BACH /天満敦子
'00年2月b/平均律って?/メニューイン10代の無伴奏/木野雅之/ロイヤル・コンセルトヘボウ/イスラエルPO/縦割り
'00年3月/満腹食堂さん、マリさん、ようこそ!/パウク/諏訪内のチャイコン/木野雅之/純正律/DFOのスラー
'00年4月/木野雅之『エクスタシー』/シューマンのPT/バリオリッジ(Bariolage)/キリ・テ・カナワのレクイエム(フォーレ)
'00年5月/エテルナLP/クレーメル『四季』/チョン・ミョンフン/目で見る弦の種類/千住真理子 BACH /パールマンのブルッフ
'00年6月/徹子の部屋の樫本大進/音程と技量/天満敦子とメニューイン/ヒラリー・ハーン/弦の昆虫学
'00年7月/BPOとヒラリー・ハーン/ラカトシュのチケット/フェイギン/アレンスキ/トーナドーナ/クロイツェルの協奏曲
'00年8月/イーゴリ・オイストラフのヴィエニャフスキー/K423/22歳のメニューイン/Mischa Violin/エルマン/テミアンカ
'00年9月/楽譜の入手法/ミュージック・オブ・ハート/ナウム・グルーベルト/ジャズ・ヴァイオリンいろいろ/ラカトシュと音律

'00年10月/LEAHY/高嶋ちさ子&ダイアナ湯川/ストラヴィンスキー/ヴェンゲーロフ@名古屋@東京/イザベル・ファウスト
'00年11月/ヴェンゲーロフ公演/イザベル・ファウスト掲示板/鈴木志郎康とホーミー/向井滋春と弦/ラカトシュ公演
'00年12月/アバドBPO公演/ラカトシュin大坂/二村英仁/マカノヴィツキー/フィフテンゴリッツ/斉藤充正サイト/メトネル

'01年1月/ムローヴァとマイルス・デイヴィスのROBOT415/ハバネラ/ロザンド/5連譜/ベートーヴェンのソナタ7番8番
'01年2月/ヒラリー・ハーンとBPO/玉木宏樹『踊るソナチネ』初演/木嶋真優/
'01年3月/ヴィエニアフスキー・コンクールのライ?h/メニューインのシューベルト/
ショーソンの協奏曲/バロックの様式/リムスキー・コルサコフの「金鶏」



なんでも/バックナンバー('99年1月〜)
●1/11 正月休み ●1/24 ヴェンゲーロフ/コンチェルト・カンタービレ ●1/26 ブロンの弟子たちの憂鬱 ●1/29 開放弦のヴィブラート 
●2/16 機械は考えるか? ●3/6 女流は好きになれない ●3/27 オイストラフも筆の誤り


なんでも/バックナンバー(同年4月〜)
●4/18 迷信はメッキが剥げても楽しい ●5/23 三善晃のヴァイオリン協奏曲  ●7/26 ブロン教授の公開レッスン
●7/27 ブロン教授の音色 by Y. ●9/7 キルギスからの逃走


なんでも/バックナンバー(2000年2月〜)
●2/28 純正律セミナーの報告 ●10/26 音楽になぜ厳しさを求めるか


資料?氈i消滅したサイト)
 ヴァイオリン・チャットとは無関係の資料です。私(佐々木)が他の掲示板などに書き込むとき、参考に見てもらいたいものが入っています。
現在はThe Trio di Milanoという今は消滅してしまったサイトを紹介しています。これは“ロシア音楽掲示板”を読んだ方々のためのもので、
オイストラフの最初に使用した楽器の行方を示す資料になっています。
なおマルクス・ベレーエフ Marcus BelayeffについてはDFOのメールグループを参照のこと。

資料??(画像)
 オペラ『後宮からの誘拐』(フランソワ・アブー・セイラム演出/マルク・ミンコウスキ指揮)ダイジェストです。子どもをつかった演出。
歌手の背後を通過する群集。煙草を吸う歌手。拡声器を持つ女たちのシュプレヒコール。スプレーで身を守る女性。
プールに突き落とされても歌うオスミン。包帯姿で登場するクリスティーネ・シェーファー。ステージ上、ソリストの前で歌うヒロイン。
ラストはイスラムの秘教の踊り。永遠に続く回転。
さて右には「ネットで拾ったビデオ画像」を静止画で紹介します。
ヴェンゲーロフの夏の最後の薔薇。もうひとつはモニカ・ハゲットの半月弓

資料?。(往復書簡)
 ジャコ・パストリアスのホームページを運営されている u1m さんからメールをもらいました。ベースとヴァイオリンは弦の張り方が同じで、
私はいろいろ初歩的なテクニックについて質問し、お世話をかけています。私の質問は「quniqo」というハンドル・ネームで同ホームページ内の
「word of mouth」という一種の掲示板にもあります。ジャコ・パストリアスのホームページ


戻る↑ 

e-M@IL

このホームページについて/プロフィール