ヴァイオリンチャットのかわり'01年1月

Eliさん,ようこそ! 右手の小指が離れるの,私は好きです!


ベートーヴェンVS#7#8 投稿者:佐々木公明  投稿日: 1月31日(水)03時42分55秒

 このところ,ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ,7番,8番ばかりを
仕事中によく聞いています。
  Mozart にくらべると,ベートーヴェンについて知っていることはほとんど
なく,これらの曲が出来たいきさつなどもわからないのですが,たとえば7番
の3楽章あたりから,いつも仕事の手がとまって聞き惚れてしまいます。
 7番の3楽章でいうと,弓がキュッキュ,キュッキュいってるのがとても気
持よく,背中を乾布摩擦(←老人か?)してるような気分です。

 例えばヴィタリのシャコンヌや,グリークのソナタ2番とか,まぁブラーム
スのソナタ全般とか,シューベルトのソナタやトリオ,あるいはメンデルスゾ
ーンのトリオなど,みんな好きな曲で,そういうのはなんというか,ヴァイオ
リンの音がぐわぁ〜っときて,激情に流されたり,みたいな感じがあるじゃな
いですか。
  BACH のソナタだって,しんみりしてたり,やや感傷的だったりするのもな
かにはあり,なんらかの気分をかもし出してるような気がします。

 ところがベートーヴェンのソナタって,何かこう…,喩えるものがないんで
すよね。
 とくに7番,8番は,純粋に音だけで楽しませてもらってるというか,理由
もわからず,ただあの跳躍する旋律が好きで,口ずさみたくなる。(音域が広
くて鼻歌というわけにはいかないけど)

 専門的にはわからないけど,7番,8番というのは,確実に Mozart のヴァイ
オリン曲(とくに協奏曲)が到達した地点よりもほんの少しだけぬきん出たよ
うな,そんな感じを受けます。
 9番や10番のように曲の構想が大きくなり過ぎると,それはまた違った問題が
生じ, Mozart の天真爛漫世界には太刀打ちできないような,…まぁ素人考えで
すが,最近は少しずつベートーヴェンの良さがわかる年齢になったのかも。

 私が聴いている盤では,平均律っぽい音だなという印象です。で,それがまた
いいんですけどね。


右手 投稿者:Eli  投稿日: 1月26日(金)18時08分53秒

こんにちは。

ひとみさん、レスありがとうございました。
右手の奏法にも、いろいろ、あるんですね〜。

ゆうさん、
今度はいろいろな地方で演奏会をやってくれるといいですよね!
息子さんのヴァイオリンもがんばってくださいね♪


バーンスタインの娘さんのサイト 投稿者:佐々木公明  投稿日: 1月26日(金)07時09分49秒

 以下はバーンスタインの公式サイトで,運営者はバーンスタインの娘さんだそうです。
ライナーノーツなどを書いた著名な評論家などが,ゲストブックには載っているとか。
いろいろな質問にも気軽に答えてくれる(とはいえ英語ですが),そんなサイトだと
いうことです。

http://www.leonardbernstein.com/


小指 投稿者:ひとみ  投稿日: 1月25日(木)23時53分25秒

小指が離れるのは別に変わっていませんよ〜。
龍くんの奏法は知りませんが、ロシア派のボウイングだとスピッカートでも離すことがあります。
オイストラフの直弟子である先生によると、弓を支えるのは親指・人さし指・中指の三本で、
あとの2本は「添え物」だそうです。


うらやましい! 投稿者:ゆう  投稿日: 1月25日(木)19時45分09秒

Eliさん、龍くんの演奏会の感想をありがとうございました。
様子がとてもよくわかりました。
2回も行かれたなんて、うらやましい!

本当に、あの年で10日間も集中力を持続させるのは大変な事だと
思います。そういう機会があるのは恵まれているとも言えますが
いつもみどりさんの弟と見られる重圧もあるでしょうし。
素敵に育って行って欲しいですね。

ところで、右手の小指のこと。息子の先生は弓先まで重みをのせる
(dim.しない)には、小指を離した方がやりやすいと仰っています。
(特に体に対して弓が長い場合)
もちろん癖もあるでしょうけれども。
ヴァイオリンの右手は奥が深いですね。息子は毎日苦労しています。

佐々木様
 私も皆さんの音楽に対する熱い想いを興味深く読ませて頂いています。


五嶋龍くん 投稿者:Eli  投稿日: 1月24日(水)18時42分31秒

はじめまして。このHPは、以前に、演奏家の名前で検索をかけていて偶然見つけました。
音楽に関して皆さんが真剣に話されている姿勢に好感を持ち、
内容も非常に興味深かったので、時々見ていました。

ゆうさん、龍くんの演奏会の感想、まだどなたも書かれてないようですので、
私の感想でよければ、お読みください。

まずプログラムですが、前半がベートーベンのソナタ1番、
グリーグのソナタ(3番?すいませんうろ覚えです)
後半がエルンスト「夏の最後のバラ」
クライスラー 「愛の喜び、美しきロスマリン、ウィーン奇想曲」
バッツィーニ「妖精の踊り」
です。

音色は、明るく素直で、のびのびとした演奏でした。
そんな中でも、しっかりと自分の主張をし、観客にアピールしてくる演奏ぶりでした。
クライスラーでは、作為の無い純粋な明るさと輝きが満ちていて
一番、持ち味を発揮していたように思います。
バッツィーニも、活き活きと楽しそうに弾いていました。
実は、私は演奏会を2回(中盤と最終日)聴きに行ったのです。
最初のとき、グリーグは、あの民族っぽい旋律の歌わせかたが、
「まだ年齢的に苦しかったかな?」と思わないこともなかったのですが、
最終日には格段に成長していました。
細かい所まで、聴衆に「ほら、聴いて、聴いて」と訴えてくるような弾きっぷりでした。

10日間のリサイタルって、大人でも苦しいと思うのですが、
あの年齢くらいだと、10日間という間にも、どんどん成長してゆくんじゃないかと
思うんです。
そういった狙いもあって、この日程を組んだのかな。と思いました。
キツイけど、得るものも大きい。
そして彼は、とても大きいものを得たんじゃないでしょうか。
彼には、間違いなく、人を引き付ける魅力があると思います。
このまま、ヴァイオリニストとして育っていってほしいなあ。

それと楽器は3/4だそうです。(でもガルネリ!)
来年あたりフルサイズに替えたい、ってTVで言ってました。
ところで龍くんの弾き方、右手の小指が、しばしば離れてました。
ちょっと変わってる?
姉のみどりさんは、どんな弾き方をしていたかな?


はじめまして 投稿者:ゆう  投稿日: 1月19日(金)11時12分49秒

 1月始めから、五嶋龍くんのリサイタルが何度かありましたね。
どなたか聴きに行かれた方、ご感想を聞かせて頂けないでしょうか。
 息子がヴァイオリンを勉強しているため、彼の成長ぶりに興味が
あるのですが、地方在住のため実際に行く事が難しいので・・・。
 よろしくお願いします。

 小柄な息子(小5)は、やっと先日より7/8サイズに変える事が
できました。

 


今日の予定 投稿者:佐々木公明  投稿日: 1月14日(日)10時24分02秒

 私は1日仕事ですが,かみさん(sary@ta2.so-net.ne.jp)と次男は新宿
文化センターへコンサートへ出かけます。

 長男(nolikaz@Hotmail.com)は小学生時代は学芸会などでヴァイオリンで
引っぱりだされましたが,彼が2年生まで通っていた小学校の現在6年生の
女の子が出るコンサートです。
 学生音楽コンクール都大会2位の成績を持つ子で,昨年7月にも東京芸術劇場
で演奏しているんですね。下はそれを聞きに行った人の(誰だかわからないけど)
サイトです。感想がのっているのかな?

 >ひとみさん,ありがとうございます。
 さっそく使わせてもらいます。タカタカより,そりゃ,タカダノババのほう
がいいですね。次男はそういうノリが好きな子なのでいけると思います。
とっても実用的でありがたいです。感謝!
(メールでいただいたプロコの件もありがとうございました)

http://www6.freeweb.ne.jp/play/s-oscar/programm.htm


おめでとうございます! 投稿者:ひとみ  投稿日: 1月14日(日)02時29分27秒

小学5年生でフルサイズとは、早いですね。
やはり男の子だからでしょうか。
私は小柄だったため、フルサイズになったのは中学1年の終わりでした。
今までより大きなサイズの楽器に慣れるのは大変ですが、やはり音量や表現の幅が広がりますよね。
 
連符の練習は、身近な言葉に置き換えてみると分かりやすいですよ。
 例:6連符→タカダノババ
  11連符→イケブクロタカダノババ(5+6の場合)  などなど

http://www.geocities.co.jp/MusicHall/4034/


たかたたかた/たかたかたかたか 投稿者:佐々木公明  投稿日: 1月13日(土)16時12分57秒

 小学5年生の次男の楽器は先週からフルサイズになりました。兄の楽器を
そのまま使っています。
 
 サイズを変えるのは少し遅すぎたようですが,それでも新しく大きなサイ
ズに慣れるのはやや大変そうでした。毎週土曜日,子どもと一緒にレッスン
に通う生活が,私はもう長男のときと合わせてあしかけ9年になるのかなぁ
と感慨深く思います。

 弓が長くなり,弓の元で手首を使って「返す」方法を,今日は習いました。
弓先も同じです。長く重い弓をサルタートさせるのは,むしろ楽そうでした。
デタシェもうまくなったとほめられました。 
 それでもやはり高いポジションを指板まできっちり押えつけるのは苦しそ
うでした。

 重音は「243の順に押さえるのはやりづらいので234と押えていい」なんて
コツも習いました。
 エチュードはクロイツェルの#5をやっています。
 曲もクロイツェルの協奏曲ですが,256分音符とか128分休止符なんてのが
出てくる超スローの2楽章をやっています。題名のように6連譜と8連譜の
くり返し,たまに11連譜なんてのもあります。
 つきそいの私はとにかく「数える」役目です。


re:ロザンド 投稿者:西尾  投稿日: 1月13日(土)00時02分27秒


N.Mさん、お久しぶりです。

AUDIOFON のCDは曲目からたぶんNO.72012だと思いますがそれとは残念ながら
違うようです。一回目も無伴奏バッハの全曲録音ですので、2枚組だと思います。

で、その旧版CD.NO.ですが持っていたローザンドのCDカタログをなくしてしま
いました。ですが以前あるところにFAX注文したことを思い出しました。送信Logが
運良く古いバックアップディスクに残っていたのでその情報をDMでお送りします。

もし良かったら、参考にして下さい。

p/s:メニューインの論文、がんばって下さい。メニューインの事ですとN.Mさん
   なら大変お詳しいですし、いい論文が書けると思います。


ロザンドのバッハ無伴奏 投稿者:N.M.  投稿日: 1月11日(木)19時31分12秒

西尾様、
ロザンド演奏の無伴奏作品のみのCDを入手しました。曲はバッハの無伴奏ソナタ第1番、
パルティータ第2番、イザイのソナタ第2番、第6番、テレマンの幻想曲です。
レーベルはAUDIOFONで、1980年代の録音です。
以前西尾さんがロザンドのバッハ無伴奏の旧盤があるとおっしゃっていましたが、これの
ことでしょうか。
私はやはりVOXの全集の方に強い感銘を受けました。

http://www.toshima.ne.jp/~menuhin/bach2.html


タリー・ポッターと賢者の指 投稿者:N.M.  投稿日: 1月11日(木)19時24分45秒

以前、今は無き『グラモフォン・ジャパン』誌にタリー・ポッター氏がメニューイン論
を載せていました。
内容は戦前の神童期の録音を全否定し、戦中・戦後に自分のスタイルを確立して、素晴
らしい音楽家になった、というものでした。かなり興味深い記事です。
ただ、私は神童期は神童期で素晴らしいと思っていますし、戦中・戦後の録音の推薦盤
にも異を唱えたい物が多々あります。
メニューインについては戦前のみしか評価しない方、逆に成人後しか評価しない方、両
方興味ない方など、本当に毀誉褒貶激しいですね。その意味でEric Taver氏の論はバラ
ンスがとれていますね。

http://www.culturekiosque.com/klassik/features/rhemenuhin_e.html


庄司紗矢香&マキシム・ヴェンゲーロフ掲示板よろしくお願いいたします 投稿者:N.M.  投稿日: 1月11日(木)06時41分15秒

佐々木さん、早速のご投稿ありがとうございます。
そして遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
双方の過去ログをアップしていこうと思っていますが、今少し長い論文に
取り組んでいますので時間がかかりそうです。ご容赦ください。
で、その論文のテーマですが、ずばりメニューインの政治思想&活動です。
なにかアドヴァイス、参考文献、参考URLがありましたらご教示ください。

http://www.toshima.ne.jp/~menuhin/


統合 投稿者:佐々木公明  投稿日: 1月10日(水)22時51分50秒

 ヴェンゲーロフの掲示板はどこへ行ったのかと思ったら、
庄司紗矢香の掲示板と統合されたのでした。
 以下がそのアドレスです。
 統合した理由はいろいろあるのですが、無料だったのが有料になったり
とか、その他、運営してみないとわからない様々な理由のようです。
 が、どっちにしてもたいした理由ではありません。また消極的な後退でもなく
ひとえにネット徘徊上の技術的な問題です。
 というわけで、私も今から何か書いてきます。(酔っていますが)
 N.M.さんは、いろいろアルバイトに忙しいようです。
 いいことですね。この時期、受験生を応援します!

http://tools.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/3124/@geoboard/


成人式!^^ 投稿者:恩田  投稿日: 1月 8日(月)17時10分54秒

オイストラフファンさんはじめまして。
mp3を聞いて下さってありがとうございます!
>始めは音が単純なだけに、音色のつけかたが難しい。
>おわり少し前の10度で上がっていくのもすごく難しいし…。

半音のglissの部分ですよね、あそこをきめるのはむちゃくちゃ難しい・・・
でもあそこが決まらないと曲の魅力半減(いやそれ以上)ですね。

>3連譜の頭の音にアクセントがついてないでしょうか?
>頭の音にアクセントがつくと堅い音楽になってしまうと思います。
>アクセントに近いテヌートだと思います。

うむむ、これはある程度意図的にやっています。この3連符って、時間きっちり
にひくとすごく拙く聴こえるし、アタックを崩しすぎても「?」な感じになりますよね。
プロのCDを聞くとかなり崩してひいている様に聴こえるのにきちんと決まっているとこ
ろがすごいと思いますが、結局今回はかなり妥協してあまり崩しませんでした。
でも確かにまったり(マターリ)とひきたいところではあります。

>ヴィブラートというのは音程を指で揺らす(ずらす)ことによって音が変化します。
>指の運動を遅く、音程を揺らす(ずらす)幅が大ききければ自然と柔らかい音になり

最近の私の課題はたとえば1、3指あるいは1,2指で重音を1st positionでひいて
マターリとヴィブラートをかけるというところでしょうか。
(high positionなら物理的に音程の変化が自然と大きくなるので目立たないのですが・・・)
具体的にいうと愛の喜びの中間部分でもそれが出てきますが、ジョシュア・ベルは
ほぼnon vibratoで音をすぼめさせて回避しているように聴こえるし、
シェリングもそこの部分はちりめんっぽくなってます。

やっぱセブシックをきちんとやるべきかな・・・


あけましておめでとうございます 投稿者:オイストラフファン  投稿日: 1月 7日(日)01時13分23秒

あけましておめでとうございます。
そしてお久しぶりです。
学校が忙しく、パソコン自体半年ぶりに触わりました。
MP3の話で、僕の演奏の話が出ていますが、
あの時は何を血迷ったか佐々木さんに聴いてもらいました。
今考えれば本当に恐ろしいことをしたと思っています(笑)
ひどすぎるのでもうネット上には出さないことをお勧めいたします。

恩田さん
はじめまして、「ハバネラ」のMP3。聞かせていただきました。
ハバネラは半年前に一度弾きました。難しい曲ですよね…。
始めは音が単純なだけに、音色のつけかたが難しい。
おわり少し前の10度で上がっていくのもすごく難しいし…。
って、難しいしか言ってませんね。
パソコンの音響が悪いので何ともいえませんが、
1つ気になったのが3連譜がいっぱいありますよね?
3連譜の頭の音にアクセントがついてないでしょうか?
頭の音にアクセントがつくと堅い音楽になってしまうと思います。
アクセントに近いテヌートだと思います。
って偉そうなこと言ってますね。これは僕の演奏の仕方なので気にしないでください。
もしよければ、今度は後ろのオケをなくして聴かせていただけるともっとよく分かると思います。

もう1つヴィブラートの話が出ていますが、これは僕も今悩んでいるのです。
知らなかったのは僕だけかもしれませんが、ヴィブラートのかけ方には三種類あるらしいです。
『指だけを動かすヴィブラート』
『手首を動かすヴィブラート』
『ひじから上全体を使うヴィブラート(腕のヴィブラート)』
この三種類あるらしいのです。
僕は手首からのヴィブラートしか知りませんでした。
でも、プロの演奏家を見ると腕を使うヴィブラートが圧倒的に多いと思います。
ヴィブラートというのは音程を指で揺らす(ずらす)ことによって音が変化します。
指の運動を遅く、音程を揺らす(ずらす)幅が大ききければ自然と柔らかい音になります。(多分…。)
って、また偉そうなこと言ってますが、当の本人は全く出来ていません…。只今分析中です。
長々と書いたわりに内容が全く無いような気がします…。

では、ラロは永久にお蔵入りって事にしておいてください。


「Re:ハバネラ」補足 投稿者:西尾  投稿日: 1月 6日(土)23時10分06秒

恩田さん>
 いえいえ、私のマシン環境ではヴィブラートまで聞き取ることができません。
 ましてや、その出来具合など、全く判別不能です。
 (とにかく音源ボードが悪いんです。)

 わかりやすく言うと、CDウォークマンでクラシックを聴いてるような
 感じと言えばいいでしょうか。「メロディはかろうじて聞こえる。けど、伴奏の
 音の方がデカイ」という感じです。(^^;)
  
 感想は控えようかと思いましたが、「聴かせて頂きました」という意志を伝えるため
 だけに投稿した、というところです。ヴィブラート云々の感想は恩田さんご自身が
 書かれていたことなので、そのまま引用しただけなのです。誤解をさせてしまって
 すみません。

 環境が整ったら必ずもう一度聴かせていただきますので、もう少しお待ち下さい。
 (ロングバージョンを用意しておいて下さいね)
 
でわでわ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   (独り言をちょこっとだけ)
今、ピアノが苦手な私が唯一聞ける、「ブラームス P/Con 2番」を聴いています。
ピアニストは「A・ブレンデル」です。この方はタッチが非常に柔らかくなぜか
自然と聞けるので好きです。

第3楽章のチェロとの対話が好きなところですが、チェロ首席奏者でいい人がいれば
教えて下さい。 私は大フィルの近藤浩志氏しか知りません。(←この人の音色は
うっとりしますよ〜。)
 でもまだ大フィルのこの曲は聴いたことないです。朝比奈氏が指揮するので、
チケット取るのが大変なんです。

メロディがとてもきれいなので、一度生で聴きたいと思っています。
どこかでやりませんかねー。

以上、独り言でした。(^^;)


お言葉に甘えて又々カキコ.. 投稿者:恩田  投稿日: 1月 6日(土)18時45分11秒

Macへは、外部マイク入力から音をながしつつ
SoundEffects(シェアウエア)0.92にてとりこみAIFFファイルに
変換してます。
Korgのトリニティーは各音の設定は非常に細かくできて、
それこそ自分で勝手に音律をつくることもできるのですが、
今回は平均律でオケを作成。なおピッチは440で耳がなれてしまったので
録音の時は440のままで作ったのですが、テープの回転数のずれで
さらに少し低くなっているような気がする・・・
あと旋律自体は自分はこういうソロのときにはなるべく3rdと7thが
高めになるように、5thもほんの少しだけ高く
(ピタゴラス音律に近くなるように)、あるいはすくなくとも逆に低く
ずれないようにしようとしている(つもりだ)が、
今回の音程のずれはそれ以前の問題でしたね。

HPのスペースは、ニュウウェブ(DION)と言う、私が使用しているプロバイダーの物を使っています。
無料のスペースで、mp3等比較的ファイル大きい物を分割せずに簡単にUPできる所はhttp://www.freeweb.ne.jp/
等が使い勝手がいいようです。50メガ置けます。
eグループも、初めて聞きますが見た感じ良さそうですね。20メガは、結構な魅力です。
外国の物では色々良い物があるそうですが、あまり詳しくないので適当な事は言えないです。
メールアドレスの件ですが、先週辺りからプロバイダーから貰ったメールアカウントの調子が
悪くなり全く送受信できない状態です。直りそうにないので、問い合わせてみるつもりですが、
それまでに他に何処かでメールアドレスを取ると思います。
その時は、メールを送るのでよろしくお願いします。

西尾さん、私の演奏を聞いて頂きありがとうございました。
やはりビブラートですか・・・。頑張って改善するよう心がけます。
後、指摘のファイルサイズの点、これからはちゃんと書くようにします。
下のハバネラは1Mぐらいですね。


RE:ハバネラ 投稿者:西尾  投稿日: 1月 6日(土)00時49分58秒


恩田さん>
初めまして、西尾と申します。

早速演奏を聴かせていただきました。ですが、私のマシンは4年前の相当古いマシンと
音源ボードなので、ヴィブラートを細かく聞き分けるまでに至りませんでした。
(ステレオにもライン入力でつなぎましたが、音源ボードの悪さはカバーできない^^;;)

演奏自体は・・・、
何か悪いところありましたでしょうか?。いい演奏と思います。
たぶん佐々木さんがおっしゃるようにヴィブラートを気になさっておられるように思いますが、
肝腎の部分が聞き取れなかったのが残念です。

もう少したら新しいマシンを買う予定なので、その時にでも聴き直し&ロングバージョンが
ありましたらぜひ聴きたいと思っています。
(その時はファイルサイズを書いていただくと、助かります。私はつなぎ放題なので気になり
ませんが他の方が気になさるところでしょうから。)

佐々木さん>
 私の演奏??、は・は・は!・・・。何言ってるんです?(笑)
 そんなん聴いたら「死神博士に笛を吹かれて、苦しんでるキカイダー状態」になりますよ。
 (あ、またトシがバレる。)

 それよりもオイストラフファンさんのラロ、是非聴かせて下さい。
 以前にお願いしていた物もお待ちしています。

でわ!


MPegger(エム・ペッガー) 投稿者:佐々木公明  投稿日: 1月 5日(金)16時48分23秒

 そうそう、私もMPegger を使っています。ネヴァダ州まで郵便為替で¥2,800だったか
送金しました。値段の割にこいつが最速ですよね。Mac へのとりこみは何を使うのですか?
ONKYOのインテグラ・シリーズの何かですか? それともSONYのメディア・コンバータですか?

 ヴィブラートは実は最初にハイフェッツを連想しました。リッチというのもうなづけます。
 シンセは音律を変えられるのですか? それとも平均律のままですか? そのへんが
興味があります。

 ホムペのスペースというのは、どこかの無料サービスなどでしょうか?
そのへんも、他のみなさんが自分の演奏をアップする際、参考になりそうなので
簡単にコツを教えてください。
 私自身は近々「 eグループ」を使って、子どもたちの演奏などをアップしてみたいと
考えていますが、ほかにもっとお得なサービスを御存じでしたら教えてください。

 この掲示板は何度でも気楽にご利用ください。あと、Mac 関連の詳しい話など
メールでやりたい部分もあるので、よろしかったらメールもください。(別に急ぎませんが)

 
 


追記です。 投稿者:恩田  投稿日: 1月 5日(金)15時17分44秒

>バックの音源はカセットでしょうか? それともMIDI ?
>テープヒスがやや耳につきましたが,
シンセ+演奏をテープに落とし、
それをiMacの音源ポートから入力、とりこみ
AIFFファイルに変換
シェアウエアのMpeggerでmp3ファイルに変換。
ZipItで圧縮。
確かにテープが介在しているので
(録音レベル自動補正がonになっていたらしい)
冒頭はヒスノイズが目立ちますね。
録音レベルが上がってくると目立たなくなりますが。

>大きめの,少し古風なヴィブラートで,上ずっていくような感じがなんだか
>「あやうげ」で,スリリングですね。外れそうで外れない,
いや、Fisの音かなりはずしてます。^^ ;;
あとこの曲はヴィブラートは もっと振幅を大きく、ゆっくりかけている人が多いです。

>音程の採り方というか作り方ですが,各フレーズの最後の音を伴奏の音程に
>寄せていっている感じに何か問題があるような気もしますが,よくわかりません。
アンネゾフィームターの録音に似たような感じのものが散見されます。

投稿の方法ですが、私は佐々木がお尋ねになった内容に合った答えをしていますか?
佐々木さんが聞いている内容が良く理解しかねますが、
私のホームページ(ページ自体はありませんが)のスペースに、上の方法で、
録って、アップロードしました。

余談ですが、mp3のファイルを喜んでもらえてとても嬉しいです。
何度も投稿して申し訳ないです。


ハバネラです。^^ 投稿者:恩田  投稿日: 1月 5日(金)13時08分12秒

さっそく聞いて頂けて嬉しいです。
そして非常に的確な指摘をありがとうございます。
あの曲はハイフェッツ、ヴェンゲーロフ、サラチャン、リッチいずれの演奏を聴いても
もっと最初からゆったりしたビブラートをかけるのが常套だと思っています。
録音をアップする前に聞き直してちょっとイタイとおもったのはそこです。
ただしわたしが大きくビブラートをかけるとすごく嫌らしい感じになることがあるのと、
忘年会のあとに転んで左手のひらを思いっきり地面についてしまい
いまだにビブラートをかけると痛いので、無意識にかばっているのだと思います。
私の拙い「ちりめんビブラート」を、素敵な言葉でフォローして頂いて嬉しい限りです。

投稿方法なのですが、
この投稿フォームの「URL(リンクを入れたい場合はここに記入します)」の部分に、
曲のファイルをアップロードしたアドレスを書き込んだだけです。
タグを使っても可能ですが、私は、上に書いたやり方をとりました。
>もしよろしければもっと長いのもまたぜひ送ってください。
はい。また録音した時には、是非聞いて下さいませ。

では、引き続きハバネラの批評を待ちます。


ムローヴァ他 投稿者:佐々木公明  投稿日: 1月 5日(金)13時00分23秒

>凸庵さん
 ムローヴァはマイルスの曲をやったりするのですか?
 そのコンサート,なんだか私も今から行きたいような気がします。
 ぜひ感想をお待ちしています。

>西尾さん
 今年もよろしくお願いします。実は今年はまだ1枚も年賀状書いてなくて,
今さら書いてもなぁと,100枚ほどの束を目の前にしてあきらめの心境です。
 西尾さんの演奏もそのうち聞かせてくださいませ。
 今,私の手許には恩田さんの『ハバネラ』の他に,
 オイストラフファンさんの受験用ラロの『スペ響』1楽章があり,音大受験
の直前に「これなら合格まちがいなし」と生意気にも太鼓判押させてもらった
MP3 ファイルがあります。
 今度,これらを音楽ファイルにまとめて皆さんだれでも聞けるようにしようと
思います。MP3 のコレクションが少しづつ増えるのはなんだか楽しいです。


ハバネラ,ですね? 投稿者:佐々木公明  投稿日: 1月 5日(金)12時36分32秒

 恩田さん,素敵なプレゼントをありがとうございます。

 アドバイスといわれましても,とても見事な演奏なので,唯々拍手を贈る
ばかりです。
 また,以前からここを見ていただいていたそうで,ありがとうございます。
おそらく私ではなく,もっと私より耳の肥えた皆さんからの批評を求められて
いるのだと思います。他の皆さんも感想をお願いします。

 ちなみに私の受信状況を報告しておきます。
 ダウンロードには今朝の8時ごろで,約2分弱でした。(マシン・クロックは400Mhzです)。
 遅いマシンではちょうどその倍の約4分弱でした。(クロックは266Mhz)。

 ファイルは自動解凍にはならず,拡張子zipを何で解凍すればいいのか少し迷いました。

 1分弱の曲で,16bit ステレオですね。バックの音源はカセットでしょうか?
それともMIDI ?
テープヒスがやや耳につきましたが,ヴァイオリンそのものの音色はとてもきれいに
録音されているのがわかりました。

 わが家ではHarman/Kardonのサブ・ウーファ・システムで聴いています。
MP3 の音をコンピュータ本体で鳴らすには今のところこんなシステムが最良だと
思うのですが,どうなのでしょう。ご存じの方,教えてください。

 さて,恩田さん自身がどのようにこの掲示板にMP3 ファイルを投稿されたのかを
教えていただけると助かります。
 上の「利用可能タグ一覧」のところで可能なのでしょうか?
 私はMac なので,Win の初歩的な用語もわかりませんが,よろしければ
わかりやすく教えていただけると嬉しいです。

 教えていただくことばかりですいません。

 そうそう,演奏のほうの感想ですが,
確か,リズムが難しいといわれる曲ですよね。そのリズムまでは曲が1分弱なので
わかりませんでしたが,とてもきれいなヴィブラートだと思いました。
大きめの,少し古風なヴィブラートで,上ずっていくような感じがなんだか
「あやうげ」で,スリリングですね。外れそうで外れない,そのへんの「あやうい」
感じが「最近耳が悪くなってしまったのか」という不安の元でしょうか?
 越路吹雪のヴィブラートという感じですね。おそらくヴィブラート中の
アクセントの置き方が普通の人と逆だとか,何かそういう理由があるんじゃな
いでしょうか? (このへんは私より耳のよい人じゃないとわからない)
 逆だからいけないのではなく,「素晴しい」と言いたいのですが。
 長い音をヴィブラートをかけて音のなかほどで膨らませるやり方なのですね。
私はこの曲を持っていないので,これはこういうふうに弾くものなのかどうか
わかりませんが,気持良さそうに弾いているなぁと思います。
 うらやましいです。
 
 音程の採り方というか作り方ですが,各フレーズの最後の音を伴奏の音程に
寄せていっている感じに何か問題があるような気もしますが,よくわかりません。
 もしよろしければもっと長いのもまたぜひ送ってください。待っています!


はじめまして 投稿者:恩田  投稿日: 1月 5日(金)02時49分49秒

はじめまして。
かなり昔からこのホームページを拝見させて頂いていたのですが、
今日は物思う所があって、初めて書き込みをさせて頂きます。
ここの皆様は、みんな耳が肥えてらっしゃると思うので、
自分の録音した曲を持ってきました。
最近耳が悪くなってしまったのか、自分の演奏の何処を改良していいかわから無くなりました。
そこで、皆様の助言を頂きに参りました。
是非批評をして下さい、そしてアドバイスを下さい。
新参者が、このような出過ぎた真似をして申し訳ありません。
もし不愉快な方がいるようでしたら、管理人様、この発言を削除して下さいませ。

http://www2.neweb.ne.jp/wd/ms981022ag/HAVA.zip


新年のご挨拶 投稿者:西尾  投稿日: 1月 4日(木)19時00分37秒

あけましておめでとうございます。
21世紀になりましたが、鉄腕アトムは登場しませんね。(笑)(←トシがバレる・・。)

そんな小ボケはさておいて(^^;)、
今年も皆様とともにクラシック&ヴァイオリン演奏を楽しみたいと思っています。
よろしくお願いします。

***** それでは、今年も皆様にとって良い年でありますように。 *****


質問 投稿者:とっつあん  投稿日: 1月 3日(水)19時28分00秒

マイルス・デービスの ROBOT415っちゅう曲は、
どのアルバムに入っているのでしょうか??

ムローヴァのCDのオリジナルが知りたくて・・・・


頌春 投稿者:佐々木公明@管理人  投稿日: 1月 1日(月)08時06分57秒

 今年もよろしくお願いします。
 31日はミッテンヴァルトの忘年会行けませんでした。
 すいません。
 伊豆に来ています。