Stern met Oistrakh which was an examination commissioner
when it participated in Concours Reine Elisabeth in 1951. Their relations of the judge and
the participant changed after that. D.F.O. is left channel. This is always fixed.
Right channel Stern is playing more carefully.
There is a point to have unreasonableness sometimes and it gets flustered a little in Oistrakh.
I like such a straight character of his very much. And, a simple character, too.
Let's try to compare the Stradivari which they are using.
Oistrakh's Strad is terrific, and I know the thing which is effcient.
Oistrakh deposits a body in the Strad, and an instrument seems to urge him to play him so.
And, he doesn't use a plan. I think it the thing that it should be said as
"the technique befor the technique".
Oistrakh only watches the situation which music occurs in pleasantly calmly.
With the reason...,
However carefully Stern plays, I love the Strad-tone of Oistrakh, and only love it.
Oistrakh is because it excels in the ability which draws the tone of the instrument
more than other whom. I think so even if it listens several hundred times again.
This is such an record. Linernotes "by Genri Nakagawa" is the beautiful composition
which reproduced impression well, too.
by Sasaki Kome

 SONYからハイクラスのCDプレイヤーが50万円で出ています。その専用CDにCBSのマイルス・デイヴィスなどが
発売予定だとか。マイルスに50万円は出せませんが、もしこのアルバムがハイクラスCD化されたらちょっと
悩みます。(2002年現在、SACDとして実際に発売されています。)

 スターンは1951年のエリザベート・コンクールに出場し、そのとき審査員だったオイストラフと出会いました。
審査員と出場者の関係からこの二人の間柄は大きく変化して、スターンのほうが慎重に、注意深く、丁寧に弾いて
います。オイストラフはときどき無茶をして、ちょっとすっとこどっこいなあわてぶりを示す箇所があり、私は
オイストラフのそういう単純直情型の性格が大好きです。一度好きになってしまうと、ふたりのストラドのうち
オイストラフの楽器は極めて性能がいいのがわかり、オイストラフは一種ストラドに弾かされているような、
身を楽器の音色に預けるような、テクニック以前のテクニックのようななげやり、無策ともいえる弾き方を楽器
からし向けられ、それで音楽が気持ちよく発生するのに任せているようなところがあります。
 というわけで、いかにスターンがていねいに弾いても、楽器の音色を引きだす能力においてオイストラフが
格段に長けているので、何十回何百回と聞き直しても、オイストラフのストラドの音色に惚れぼれするばかりの
そういうアルバムになっています。中河原理のライナーノーツも感動をよく再現してくれる名文です。

ひとつ戻る(画像/バロック)Handel

ふたつ戻る(画像/シューベルト)Schubert

ベジエの解説に戻る(画像あり)Bezier

ホーム Japanese HomePage

D.F.O. Home