ふたばひよこ酸味が効き洗練された高貴な赤。世界最高峰の辛口白。同じブドウで造られても、畑によってワインの味が大きく変わる。
ブルゴーニュについて
“ワインの王”と称され、ボルドーと双璧を成す銘醸地。
コート・ド・ニュイCote de Nuits、コート・ド・ボーヌCote de Beaune、コート・シャロネーズCote Chalonnais、マコネMacconnais、ボジョレBeaujolais、シャブリChablisの地区に分けられる。(ニュイとボーヌを合わせてコート・ドールCote d'Or〔黄金丘陵の意〕という。)
コート・ドールは「神に祝福された土地」と言われ、赤は酸味が効いて洗練された味わい、白はモンラッシェ、コルトン・シャルルマーニュに代表されるボリューム感のある辛口白で、ともに世界の頂点を極める。
------------------------------------------
ブルゴーニュでは通常、単一品種からワインが造られ、赤はピノ・ノワールPinot Noir、ガメイGamay(主にボジョレ地方)、白はシャルドネChardonnay、アリゴテAligoteを用いる。ピノ・ノワールとガメイを混ぜたものは、ブルゴーニュ・パス・トゥー・グランBourgogne-Passe-Tout-Grainsとなる(混同率・ピノ最低1/3以上)
昔コートドールでもガメイが栽培されていたが、1395年ブルゴーニュ公国王・フィリップが、粗野だと嫌ってガメイの栽培を禁止し、高貴種のピノ・ノワールに植え替えられた。
------------------------------------------
中世、ブルゴーニュでは修道院や王族がブドウ畑を所有していたが、フランス革命時に国庫に没収され小作人達に分け与えられた。
その後相続等により、さらに土地が細分化され、同一の畑に複数の所有者が存在することが多い(一つの造り手が畑を単独で所有している場合、モノポールMonopoleという)。
その為、同じ畑のブドウから造られるワインでも造り手によってバラつきが出るので、ブルゴーニュワインは「造り手で選べ」と言われる。
-----------------------------------------
ブドウを栽培しワイン造りを行う、ドメーヌDomaineと、“ワイン商”と訳されるネゴシアンNegociant、とがある。ブルゴーニュでは、自らブドウを栽培するドメーヌ的なネゴシアンも多く、信頼出来るものが多い。
-----------------------------------------
ブルゴーニュでは、クリマClimat(区画)が格付けられており、AOCの規制の対象となっているのも特徴。
下から、地方名(例:ブルゴーニュ)、村名(例:ヴォーヌ・ロマネ)、1級畑1er Cru(例:ヴォーヌ・ロマネ プルミエ・クリュ クロ・デ・レア)、特級畑Grand Cru(例:ロマネ・コンティ)となる。
同じピノ・ノワールで造ったワインでも、たった数メートル離れたクリマでは、味やデキが全く異なるのも、ブルゴーニュワインのおもしろさである。
郷土料理・名物
ブフ・ブルギニヨン(牛の赤ワイン煮)、エスカルゴ、
コック・オー・ヴァン(鶏の赤ワイン煮)、マスタード、ハム
  ブルゴーニュのラベルの見方
コート・ド・ニュイCote de Nuits     コート・ド・ボーヌCote de Beaune

コート・シャロネーズCote Chalonnaise   マコネMaconnais   ボジョレBeaujolais   シャブリChablis

|-フランスワイン産地トップ-|-HOME-|

シャブリChablis コート・ド・ニュイCotes de Nuits コート・ド・ボーヌCotes de Beaune コート・シャロネーズCotes Chalonnais マコネMacconais ボジョレBeaujolais
ブルゴーニュ|ボルドーシャンパーニュコート・デュ・ローヌロワールアルザス
ラングドック・ルーションプロヴァンス・コルシカ南西地方ジュラ・サヴォワ


Copyright (C) 2001-2004 Voyage du Vin. Tous droits reserves.