コート・ド・ボーヌCote de Beaune>ピュリニィ・モンラッシェPuligny-Montrachet

ピュリニィ・モンラッシェについて
ピュリニィ・モンラッシェはムルソーMeursaultとシャサーニュ・モンラッシェChassagne-Montrachetの間にあり、ブルゴーニュ最高の白ワイン産地の一つ。
世界最高峰辛口白ワインを産する偉大な畑、「モンラッシェle Montrachet」の名を村名に付けている(畑はシャサーニュ村に半分またがっていてシャサーニュ村も同じく村名にこの畑名を付けている)。そのため、グラン・クリュから村名クラスまで「モンラッシェ」と名が付くワインがたくさんあって中々分り難い。

グラン・クリュの中でも名前の前後に何も付かない「モンラッシェle Montrachet」が正真正銘のモンラッシェ。AOC上は同じグラン・クリュだが、モンラッシェと、その次と目されるシュヴァリエ・モンラッシェChevalier-Montrachetは別格のグラン・クリュ。
その下で普通(?)のグラン・クリュとされるのが、バタール・モンラッシェBatard-Montrachet。バタール・モンラッシェBatard-Montrachetの中の小区画が、ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェBienvenues-Batard-Montrachet(ピュリニィ側)と、クリオ・バタール・モンラッシェCriots-Batard-Montrachet(シャサーニュ側)としてそれぞれグラン・クリュに認められている。
林
1erクリュで著名なものは、Le Cailleret、Les Pucelles、Champ-Gain、Champ-Canet、Les Combettesなど。

AOC上のピュリニィ・モンラッシェ区域の上(丘の上部)の方は、ブラニィBlagnyの集落があり、ブラニィはピュリニィとムルソーの間にあるコミューン。赤ワインはAOC上「ブラニィ」を名乗るが、ブラニィで造られた白ワインは、村のムルソー側半分がAOC上「ムルソー( 1erクリュはムルソー・ブラニィ)」となり、ピュリニィ側半分だとAOC上「ピュリニィ・モンラッシェ」になる。(下の地図のこの色やこの色部分。)

ピュリニィ・モンラッシェのワインは、白がほとんど。アロマティックで、エレガント。キリっとしたミネラル感があり金属的と言われ、赤はイチゴやカシスの風味がしフルーティ、と言われる。
(写真:Champ-CanetとClos-de-la-Garenneの間にある林。ピュリニィの上部は畑の合間にところどころ林がある。)
*ピュリニィ・モンラッシェを訪れた旅行記秋のブルゴーニュ5日目」もご参照下さい。
AOC
ピュリニィ・モンラッシェでのAOC表示は、
グラン・クリュ
→ピュリニィ・モンラッシェ・プルミエ・クリュPuligny-Montrachet 1er Cru
→ピュリニィ・モンラッシェ(村名クラス)Puligny-Montrachet
→コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ・ピュリニィ・モンラッシェCote de Beaune-Villages Puligny-Montrachet
もしくはピュリニィ・モンラッシェ・コート・ド・ボーヌPuligny-Montrachet-Cote de Beaune
→ブルゴーニュBourgogne、ブルゴーニュ・グラン・オルディネールBourgogne Grand Ordinaire

*「コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ・ピュリニィ・モンラッシェ」と「ピュリニィ・モンラッシェ・コート・ド・ボーヌ」は赤のみ。(村名が付かずに単に「コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ」となってるものは複数の村のワインを混ぜてあるもの)
色・品種飲むのに適した温度
白 シャルドネChardonnay
赤 ピノ・ノワールPinot Noir
白 12度〜14度
赤 14度〜16度
AOC法で定められた栽培面積実質栽培面積
214ha(その内100haが1er Cru)
*グランクリュは別に下に記載
白 201.40ha
赤 6.40ha
アルコール度数
白 11%〜14%
1er Cruやクリマ名のついた村名ワインは11.5%〜14.5%
赤 10.5%〜13.5%
1er Cruやクリマ名のついた村名ワインは11%〜14%
1ha当たりの最大生産量平均年間生産量
白 45hl
赤 40hl
白 9802hl
赤 144hl
ピュリニィ・モンラッシェの主な造り手
・ドメーヌ・ルイ・カリヨンDomaine Louis Carillon
・ドメーヌ・ルフレーヴDomaine Leflaive
・オリヴィエ・ルフレーヴOlivier Leflaive
・ドメーヌ・エティエンヌ・ソゼDomaine Etienne Sauzet
・シャルトロン・エ・トレブシェChartron et Trebuchet
・ドメーヌ・アンリ・クレール・エ・フィスDomaine Henri Clerc et Fils
ピュリニィ・モンラッシェのクリマ図
ピュリニィ・モンラッシェのクリマ図グラン・クリュ
プルミエ・クリュ
村名畑
プルミエ・クリュ(赤はブラニイ)
村名畑(赤はブラニイ)
村落
【プルミエ・クリュ】
5.Le Cailleret
6.Les Pucelles
7.Les Demoiselles
8.Clavaillon
9.Champ-Gain
10.La Truffiere
11.Les Folatieres
12.Les Folatieres
13.Clos-de-la-Garenne
14.Clos-de-la-Mouchere
15.Les Chalumaux
16.Champ-Canet
17.Les Combettes
18.Les Perrieres
19.Les Referts
20.Sous-le-Puits
21.La Garenne
22.Hameau de Blagny
【グラン・クリュ】すべて白のみ
1.Chevalier-Montrachet
(7.36ha/アルコール度数12〜14.5%/1ha当たりの最大生産量40hl)

2.Le Montrachet
(8ha*ピュリニィ村、シャサーニュ村にそれぞれ4haずつ/アルコール度数12〜14.5%/1ha当たりの最大生産量40hl)
正真正銘の「モンラッシェ」。文豪・アレキサンドル・デュマAlexandre Dumasが、「脱帽し、ひざまづいて飲むべしC'est a genoux et tete decouverte qu'il faut le boire」という賛辞を贈ったとか。
3.Batard-Montrachet
(11.87ha*ピュリニィ村に6.02ha、シャサーニュ村に5.85ha/アルコール度数11.5〜14.5%/1ha当たりの最大生産量40hl)

4.Bienvenues-Batard-Montrachet
(3.69ha/アルコール度数11.5〜14.5%/1ha当たりの最大生産量40hl)
-参考文献-
"LES VINS DE BOURGOGNE" Sylvain Pitiot&Jean・Charles Servant、CollectionPierre Poupon
"DICTIONNAIRE DES vins de France"HACHETTE LIVRE

|-コート・ド・ボーヌに戻る-|-フランスワイン産地トップ-|-HOME-|

ブルゴーニュボルドーシャンパーニュコート・デュ・ローヌロワールアルザス
ラングドック・ルーションプロヴァンス・コルシカ南西地方ジュラ・サヴォワ


Copyright (C) 2001 Voyage du Vin. Tous droits reserves.