LongSkateBoard

◆ロングスケートボードって何?

ロングスケートボード(以下LSK8)とはその名のとおり長いスケートボードです。
スケートボードでできることはほとんどできるみたいですが、実際はけっこう難しいものもあります。
# アメリカ人は結構簡単にトリック等やっているみたいですが.....
LSK8で坂を下ると感覚的にはスノーボードに近く、スノーボードのオフトレーニングとして始める方も多いようです。


◆魅力

僕がロングスケートボードにハマった理由は手軽にできるのが一番の理由です。
スノーボードは楽しいスポーツですが関東では滑りに行くだけで何百Kmと車を運転して行かなければならずとてもお手軽なスポーツとは言えません。
その点LSK8ならそのへんの道路で滑ることができ、とってもお手軽です。
また、LSK8はスノーボードに比べて改造ができることがちがう点であり、面白いところでもあります。
改造次第で色々な滑りに対応でき、人それぞれのLSK8が出来ます。
こんなところが楽しいLSK8ですが、路面が硬いところでするスポーツなので怪我には気をつけましょう。


◆種類

結構色々な種類長さがあり千差万別です。
種類によって向き不向きがあり、詳しくはアトムさんの作っているこのページを見て下さい。
初心者の方はどういう板が良いのか分からないと思いますが、最初はオールラウンドな板が良いでしょう。
スラロームがやりたい方は柔らかめで短めの板が良いと思います。
ダウンヒルならちょっと固め、トリックなら固めの板が良いでしょう。


◆各部名称

専門用語とまではいきませんが、ある程度用語みたいのがあります。

  ・ウィール→タイヤの事
  ・トラック→タイヤを留めてる棒の事
  ・デッキ→板の部分の事

基本的なところはこの3点です。

この他に
  ・ベアリング→ウィールについています。
  ・ブッシュゴム→トラックについています。

こういうものがあり、改造のポイントでもあります。

詳しくは アトムさん のWEBを見てね。


◆改造

改造の第1としてベアリングとブッシュゴムがあります。

スラロームをするならばまずベアリングとブッシュゴムを交換しましょう。

ダウンヒルは特に改造しなくてもつるしの状態で大丈夫だと思いますが、フィーリングを変えたい等があればブッシュゴムやウィールを交換すると良いでしょう。

詳しくは アトムさん のWEBを見てね。


◆メンテナンス

普段は雑巾でデッキの裏とかウィールを拭くぐらいで良いと思います。
たまにウィールをはずして、ベアリングにオイルを差すと良いと思います。
トラックがギコギコ鳴る時はブッシュゴムのところにゴム用の潤滑材を塗ると良いです。

詳しくは アトムさん のWEBをみてね。


◆大会

◆Storm

◆リンク

http://sector9.com/
Sector9社のページ。
製品やグッズの紹介、販売も行っている。

http://www.gravityboard.com/
Gravity Boarding Company</a>
グラビティー社のページ。
グラビティーの製品紹介、販売などを行っている。

http://www.flexdex.com/
FLEXDEX(tm) PERFORMANCE SKATEBOARDS
フレックスデックス社のページ。
最近変わりました。今度は良い感じです。

http://www.ncdsa.com/
NCDSA(Northern California Downhill Skateboarding Association)
海外のロング・スケートのホームページ。
板のインプレッション、リンクなどがある。

http://www.ajsa.jp/main.html
全日本スケートボード協会(AJSA)のページ。
各地の大会予定やその結果、ランキング等が書いてある。

http://www.exkate.com/
Welcome to eXkate Inc.
電動スケートボードのページ

http://www.gullwingtrucks.com/
ガルウィング社のページ
トラックで有名な会社
ちょっと重たいので見るのに時間がかかる。


◆アロハスケート


ハワイのLSK8のメーカーです。
種類は多くありませんが、デッキの形以外は注文すればオリジナルで作ってくれます。
# まあ普通はデッキの色の変更ぐらいだと思いますが.....
値段は通常$198(送料込)でした。
以前はホームページがあったのですが、いつのまにか移動したか無くなってしまいました。

 これは僕が買ったLSK8です。
 かっこいいでしょ。