本文へスキップ

いわき市東田町の渡辺婦人科・内科クリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0246−77−2772

〒974-8212 いわき市東田町2丁目15−8

Web日記Web Diarly

ちょっとツイート


2014年10月1日(水)
「鉄に守られている女性」

 女性の貧血でよくあるのが過多月経や過長月経などの月経不順で鉄欠之性貧血です。

 女性は結構貧血はものともしません。過信というんですか? ヘモグロビン5g/dlとかでも何ともありませんとか言ったりします。ヘモグロビンの正常範囲は11.3 から15.6g/dl位までで、結構幅がひろいです。

 毎月、生理で出血するので耐性がつくのでしょうか。青白い顔をして、顔や手足が浮腫んでいても平気です。そのくせ二階の登り降りで息を切らし、目が回ります。

 鉄剤を服用したり注射をするのが治療の手っ取り早い方法です。のんびりと当帰芍薬剤を使ったりすることもあります。

 鉄は生存に必要な酸素を運搬するヘモグロビンを体の各臓器や組織に送る役目を担いますので生物には、特にヒトでは女性に不可欠です。

 顔にチークを塗ったり頬に紅をさすことも大切なのかもしれませんが、体の内側からFeを服用しなければいけないという化粧法を忘れないでいただきたいものです。ヘモグロビンの血中濃度が正常化すれば浮腫みもとれて、目が点のアラレちゃんのお父さんのりまきせんべいから、ベッピンのアラレちゃんに変身です。

2014年8月21日(木)
「再生医療新法」 

 以前、テレビを見ていたら、クローン人間の話でヒトラーのクローン人間が鏡に映っていて無限に並んでいる映像があった。恐いことだと思った。24才の日本人男性がタイで十数人のこどもを生殖医療(代理出産)を通じて生ませていたという。代理母を用いてコーカソイドやモンゴロイドのハーフ(混血)が生まれいるという。クローン人間とは少し違うがちょっと恐い。その男性はどう思っているのだろ。育つ児の人権は、代理母は、まただれが民法上の母なのか、重婚もあるのだろうか。「源氏物語」の『光源氏』を連想をしてしまう。

 そんな中、再生医療新法が日本の生殖医療にも一部適応されるらしい。

2014年6月2日(月)
「はじらいと甘え」 −小説家 渡辺淳一

 小説家の渡辺淳一氏が亡くなった。前立腺がんだったという。享年八十歳。人生の後半は人間、特に男性の性欲と性行動を物語として書き続けた。

 初期の代表作『無影灯』から性に対する彼の本質は表れていた。それを貫いた人生だったと思う。あらゆる女性に自分の児を孕ませたいという本能のオーラを文中にふりまきながら生きた人。

 老境に至ってからは『失楽園』『愛の流刑地』など話題作はすべてベストセラーとなっている。そこでは老いを、そのBGMとして流しながら性のピエロを演じ、人間の男の終局の本質、「愚かさ」を説いた。

 週刊誌やテレビに映るエロティックなおじいさんは彼の本質ではない。彼の本質は「はじらい」と「甘え」である。

 更年期の患者さんは『解剖学的女性論』をお読みになることをお勧めします。特に第十二章「更年期の女」は、今も多くの示唆を私たちに与えてくれている。女性に対する失礼なその物言いは渡辺淳一先生一流の照れである。

2014年4月20日(日)
不妊症と温経湯と愛

 人生いろいろなことがあるものです。

 不妊症の治療をしたあとに中絶を希望する人がいます。その女性と夫とお互いの気持ちが通い合わなくなり、今度は中絶したいというのです。

 愛があるからつらい不妊症の治療に耐え、ようやく妊娠したのに、次には愛が消えたからおろしたいと言い出します。そんな相談を受けると、本当に愛というものは終始、じっとしていない移ろいゆくものなんだと思わせられます。実体のない愛をつなぎとめようとする行為がプレゼントの指輪であり、スカーフであったりするんでしょう。

 今回の相談の場合は妊娠であり、胎児であったわけです。その女性は多嚢胞性卵巣症候群で温経湯という漢方薬を三か月処方しただけで妊娠してしまいました。指輪やスカーフと違って、子供は、それなりの覚悟がないとつくってはいけないもののような気がします。でも、その上で、堕さざるを得ないことも、愛にはあるのかもしれません。
 そういえば、海外で体外受精し、その子供さんの病気と闘っている女性国会議員がいたっけ・・・。

 いかに技術が発展しようと、結局「愛」をどうとらえ育んでゆくかは、いつの時代も医療と別に人と人との知恵にゆだねられているのかもしれません。

 さて・・・、患者さんはどんな結論を携えて来院するのか・・・。

2014年2月26日(水)
「アンチ」と「ウィズ」のエイジング

 「男と女」というフランス映画がありました。夫を亡くした女(アヌーク・エーメ)と自殺した妻がいたレーサーの男(ジャン・ルイ・トランディニアン)の恋物語です。二人はそれぞれ、幼い子供たちを育てています。女が亡き夫を忘れることが出来ず別れに終わります。電車でパリに戻ってくる女、車で追いかけてくる男。二人は駅のホームで再会を果たします。

 二十年後、「男と女」の続編を見た人は、「男と女」はやっぱり別れの結末であったことを「続・男と女」の冒頭で知らされることになります。

 女(アヌーク・エーメ)は二十年後、「アンチ・エイジング」にいそしんでいるように見えない。ホルモン補充療法(HRT)くらいはしていたかもしれませんが…。

 私にはウィズ・エイジングに見えました。さりげないアンチ・エイジングに化粧品メーカーから出ている「ル・エストロジェル」、外用ゲル剤があります。保険適用製品。

 しわの一条一条が老いを美しいと思わせる二十年後のアヌーク・エーメはウィズ・エイジングの実践者なのでしょう。

 老いを隠そうとするアニメ化粧とはまた違った装いがフランス文化にはあるのでしょう。

2014年1月12日(日)
「伊勢神宮遷宮と生殖医療」

 月経周期について調べてみますと、荻野久作という産婦人科医が月経周期と妊娠との関係を研究していました。本人は避妊法として使われるのではなく、不妊治療に役立てることを望んでいました。

 荻野氏の研究、『排卵と受胎日』は先駆的研究とされていますが、実はさらに先駆者がいます。

 白河天皇(上皇)です。彼は院政という政治を始めた人です。孫である鳥羽天皇とその奥方藤原璋子と連れ立って何度も伊勢神宮(昨年は二十年に一度の遷宮が話題でしたが)に詣でました。その際、つぶさに璋子の月経日を記録し璋子を妊娠させたと言われます。そのかいあって生まれたのが崇徳天皇と言われています。白河上皇は政治のドンでしたが、今でいうと、生殖医療の研究者とも言えるのではないでしょうか。 

 自分の基礎体温を測ることは不妊治療の第一歩です。スマホ・携帯などのルナルナを使えば自分の排卵日など容易に知ることが出来ます。

 「私の秘密が盗まれやしないか」って?大丈夫、心の中までは、スマホ・携帯でも追跡できませんから。

2013年11月16日(土)
「乳がん・卵巣がん症候群」とアンジーの知恵

 ところでアンジェリーナ・ジョリー(アンジー)を見た瞬間、ジョン・ボイドが思い出されました。次に私の記憶の中でアンジーはブラッド・ピットの奥さんとして登場しました。今回「乳がん・卵巣かん症候群」として予防のために乳房を切除した女優として話題の人となっています。

 遺伝が関係している乳がんは乳がん全体の5〜10%です。BRCA1とBRCA2遺伝子があると子供に受け継がれる可能性は50%です。乳房切除をすると、卵巣がんを抑えると同時に、乳がんの予防効果もあります。

 卵巣腫瘍では85%が良性、10〜15%が卵巣がん。卵巣がんのうち50%は漿液性がんといわれています。初期では自覚症状がなく、見つかりにくいものです。卵巣がんが発症する可能性は BRCA1と2の遺伝子(+)の場合、一般の人より15〜40倍高くなると言われています。

 「乳がん・卵巣がん症候群」の人が治療を判断するのに医療知識は必要ですが、その上で必要なのが知恵だと考えます。アンジーの知恵は未来をさらに確実にしたという知恵でした。

 参考までに、ジョン・ボイドは「真夜中のカウボーイ」の主人公、ブラッド・ピットは「セブンイヤーズ イン チベット」の若く美しいヒーローでありました。

2013年10月1日(火)
老いと美

 美しく老いる、長寿社会ではむずかしいことでしょうか?

 子供の頃、記憶に残る老女が二人います。一人は、小学二年生だったころに通った書道塾の先生、長身で細面で上品でした。

 当時はお風呂と言えば銭湯。母に連れられた女湯に入るとその書道の先生も入っていて、股の間からなにか無花果のようなものが出ていた。不思議。私の中で何かが消え、何かが生まれた。「子宮脱」※とは考えも及びませんでした。女性に対する畏怖。

 彼女、後年、「風とライオン」という映画に出ていたキャンディス・バーゲンに似ていた。相手役は007でおなじみのション・コネリー。私にはアンバンクロフトのような烈女風に魅かれる思いと、清楚で知的な女性への憧れがあります。
 ひょっとしてキャンディスも子宮脱では、と思ってウィキペディアで調べると、子宮脱の記述はなく、60才の時脳梗塞を罹患。現在67才で梗塞からは回復。

 小学生だった私の記憶に今も鮮明なもう一人の老女は町の歯科開業医の母親。
 路地でキャッチボールをしているところに通りかかりました。過って、ソフトボールは彼女の後頭部に勢いよく当たりました。駆け寄る私たちに振り向いてボールを拾い、手渡すといいました。
  「もっと強く投げないと死なないよ。」
片方の口角を上に曲げたその笑顔に感じたもの。老女に対する畏敬の念。彼女にもキャンディスの面影が…。

※子宮脱の新手術
   TVM(Tension-free Vaginal Mesh)手術が
   2000年にフランスの医師により開発。日本
   では2005年から慈恵病院で行われています。
   地方病院では、現在でもほとんど行われてい
   ません。もちろん当クリニックでも…。

2013年8月27日(火)
正しいことが変わっていく

 〜『子宮頸がん』と『性』の真実〜

 以前、『子宮頸がんは性交渉で起こる。ヒト・パピローマ・ウィルス(HPV)感染が原因です。』とある患者さんに説明したところ、息子さんに『嘘をつくんじゃない』としかられたことがありました。婦人科医の一部に子宮頸がんの原因が知られ始めたころでした。

 今では、あたりまえのことですが、時代に応じて正しいことが変わっていくのですね。HPV感染が子宮頸がんの原因だなどと考えてもみなかったのですから。

 HPVに感染したら皆、子宮頸がんになるのかといえば、そうではなくて、旧の分類で異型細胞のVbというレベルで5%(20人のうち1人)が放っておくと癌に移行するという統計があります。(福島県資料)。しかし多くは正常化してしまいます。免疫力が細胞を正常に戻してしまうからです。

 性交渉があればHPV感染はほとんどの女性が経験します。子宮頸がんの原因と性をみつめることは真実をみつめること。

 ところで、昔、憧れのお嬢様女優であった、そして現在、子宮頸がん検診の啓蒙に熱心な女優の仁科明子さんは子宮頸がんの治療をされ、健康に生活されています。彼女は病気にかかる以前に定期検診をされていただろうか?

2013年8月17日(土)
「揺れる想い」で子宮頸がん検診。「ちょっと恐い」けど。

 ちょっと古いかな、坂井泉水さんを知っていますか?人気ボーカルユニット「ZARD」のボーカルでした。

 子宮頸がんの闘病中に亡くなってしまいました。今だったら、事前に子宮頸がんワクチンを接種すれば、あるいは彼女の新しい曲をきけたかも…。せめて子宮頸がんの検診を受け続けていたら…。

 ワクチンの副作用を恐がっている方、せめて子宮頸がんの検診だけでも受けて下さい。二年に一度は地方公共団体の補助で受けられます。

 清楚なファッション、近寄り難いすました態度と美貌と美声。彼女が恐すぎたのか「揺れる想い」一曲しか思い出せません。

 子宮頸がんはHPV(ヒト・パピローマ・ウィルス)による感染が原因ですが、坂井泉水さんは検診を受けていたのでしょうか?

 ところで、私の好きな女優にアン・バンクロフトがいます。『卒業』という映画の花嫁役、キャサリン・ロスの母親役です。恐すぎる母親でした。私生活では、彼女も子宮頸がんでなくなりました。彼女も検診に行っていたのだろうか? その時「揺れる想い」だったのでしょうか?「ちょっと恐かった」のか?

渡辺婦人科・内科クリニック渡辺婦人科内科クリニック

〒974-8212
福島県いわき市東田町2丁目15−8
TEL 0246−77−2772
FAX 0246−77−2722

院長のWeb日記