キャラクターレコードシートフォーマット ◇

目次:
テキスト版 / HTML 版 / Excel 版
 3E の DMG にもありますように, 21世紀の RPG の現場に於いては, DM のみならず, 各プレイヤーもノート型PC を持参することが多いと思います。
 アナログ主体のゲームですから, 無理にデジタル化する必要もないのですけど, 便利な道具としてノート型PC を持ち込む機会は今後, 減ることはなくても増えることはあります。

 そんなときに, PC 上での使用が前提で, それにあわせた記録用紙も持ち込んだほうが, やりかたとしてはスムーズです。
 そこで, PC 上で使用するためのレコードシートのフォーマットの紹介です。

 PC 上での使用が前提のため, 消しゴムで消して鉛筆で書き込むといったことはあまり想定されていません。
 テキストエディタ等で編集されることが想定されています。なので,
「私のキャラクターはジェネラルスキルと特殊能力が多いのに, 該当欄は狭くて小さいなぁ」
「私のファイターには, 呪文を記録する欄は要らないよな」
ではなく, 適当に改行を入れて欄そのものを大きくして入力したり, 不必要な項目は削除すればよいのです。

 ※ ここにある各種フォーマットの使用は自由です。

テキスト版レコードシート v1.0
レコードシートフォーマット

 このキャラクターレコードシートフォーマットは, 印刷して現場で使うより, キャンペーンにおけるメインキャラクターたち (PC, NPC) のデータベースとして, DM によってコンピュータ上で管理されることが目的です。
 テキストベースなので, メールに添付する必要がなく, メール本文に直接書き込めるのがメリットです(文字化けしても平気なように, 各項目は全て半角英数です)。

使用例:
 その日のゲーム終了後, DM からフォーマットが記載されたメールが各プレイヤーのもとに届きます。
 各参加者は, そのメールに reply するとき必要事項を埋めます。
DM は reply されたメール本文を保存すればよいので, 分厚いファイルを持ち運ぶ必要はなく, 管理が楽になります。
 2回目以降は, 以前保存されたテキストデータがあるので, それを各プレイヤー宛にメール本文にコピーペーストすれば, 記入するプレイヤー側でも, 前回と異なる部分だけの編集となるので, 手間もあまりかかりません。

使用例 1. アンフィニ
使用例 2. アヅライル
使用例 3. アレス
Download (lzh 形式)

Hyper Text Markup Language 版レコードシート
レコードシートフォーマット(英語) v1.0
レコードシートフォーマット(日本語) v1.0

 このキャラクターレコードシートは, 印刷しても(多分)見栄えがよい仕上がりになっています。
 (※ これが作られたのは 1999 年ごろで, 当時はよかったんですけどね…。いまは印刷しないほうがいいです)

 このレコードシートは, テキスト版のレイアウトをモデルにして, 改めてハイパーテキストで書き直したものです。

 NN 4.7( Macintosh/ Windows )ではきちんと表示されるので, Firefox でも OK です。
一応, IE5.0(「文字の拡大」で60%とか最小とか)でも確認はしてますが, NN, Firefox, あるいは Safari でブラウズする方が見た目が良いです。

使用例 1. アンフィニ
使用例 2. ダイン ザ ブラックガントレッツ

Excel 版レコードシート v1.0
レコードシートフォーマット (lzh形式, 解凍後xls形式)
※マクロは一切使っていないのでマクロをオフにしていても問題ありません。

 この Excel 版レコードシートは, Office XP で作られました。
 このレコードシートは, 通常の紙と鉛筆での使用は全く想定されていません。
 DM とプレイヤーの双方とも, ノート型 PC 上で使うことが前提です。

 sheet は全部で5つあります;
  - Skills & Abilities / 能力値や武器技術, 移動とエンカンブランスなど
  - Equipments and Treasures / 所持品や所持金, エンカンブランス計算など
  - Spell Book / 呪文数, 呪文書, クラフト成功率など魔法全般
  - Personality / キャラクターの個性部分全般
  - Note / 冒険中の出来事などを書き記すためのノート

 Excel を使うことのメリットとして, 各セルに値を入力するとある計算結果を返すことができるという点があります。
 このシートでは, 面倒なエンカンブランス計算やそれに伴う移動力の変化, 武器技術度ルール使用時の THAC0 の変化, 面倒なマジックアイテム製作成功率計算など, プレイアビリティを削ぐ部分を自動計算するので, DM とプレイヤーはただ, 冒険中に起こった変化をシートの該当欄に入力したり削除したりするだけで一瞬で変化後の状態を知ることができます。
 そして, 自動計算で全てが行われるので, プレイヤーの計算ミスや管理ミスによるゲーム全体の判定ミスを極限まで小さくすることができます。

例:
 冒険中にオイルを3つ消費し, モンスターとの交渉で 117 gp を使い, 財宝を871 gp 獲得し, 熟練度が一番高い剣を失って今は2番目に熟練している小剣を装備しており, シャドウとの戦闘で STR が一時的に 2 ポイント下げられ, さらにエナジードレインを一回受けた, などという場合, このシートにそれらの変更を入力すれば, エンカンブランスや現在の THAC0, レベルとヒットダイスとヒットポイントはすぐに書き変わります。

 また, 例えば所持品欄が少なくなってきたなと感じたなら, 所持品欄そのものを増やしてしまえばすぐに対応できます。

 ※ OSX 版 Excel でも表示は同等です。
使用例 1. アンフィニ
使用例 2. アレス

K340へ 目次へ