Wanderlustの使い方



スポンサーリンク



% emacs
でemacsを起動し,
M-x wl
でWanderlustを起動する.
emacs起動時に
% emacs -f wl
とすると初めからWanderlustが起動する.

読みたいフォルダにカーソルを合わせてEnter.
読みたいメールでEnter.
Enterで一行進み,Backspaceで一行戻る.


コマンド

w メールの新規作成
To:に宛先アドレス,Subject:に題名,--text follows this line---の下に本文を書く. 宛先アドレスは.addressesに登録してある場合TABで補完できる.
C-c C-w メールに署名を追加.署名は.signatureに記述する.
C-_ ヘッダとかを消しちゃったときに元に戻す.
C-c C-c メール送信
C-c C-k メール作成をやめる.
a 返信
Shift+a メール内容を引用して返信
f 転送
s メールチェック
q 終了
C-c C-p 作成中のメールのプレビュー表示をする.転送内容が文字化けしているときなど.
パスワードを保存 正常にログインした後に
M-x elmo-passwd-alist-save


.wl

見たくないヘッダを非表示にする wl-message-ignored-field-list '(".*:" )
wl-message-visible-field-list '("^Subject:" "^From:" "^To:" "^Date" "^Reply-To:" "^X-Mailer:" )
一行目で全ヘッダを非表示にし,二行目で好きなヘッダのみを表示する.
Fromヘッダの設定 wl-from "Yamamoto <yamamoto@****.**>"
メールフォルダを開いてもリストを消さない. wl-stay-folder-window t
組織名 wl-organization "******"
POP3サーバ elmo-pop3-default-server "pop3.****.**"
SMTPサーバ wl-smtp-posting-server "smtp.****.**"
IMAPサーバ elmo-imap4-default-server "imap.****.**"


スポンサーリンク