首振りマイスター




















◆捕手が考える「投手の首振り」
(文責:阿部夕カ也)

まずは首振りの回数ですが、最低2往復、常識的に考えて3往復位はして当たり前です。
時々1往復もしないふてぶてしい投手がいますが、これはいかがなものでしょうか。そもそもこちらのリードに対し首を振る、という行為自体非常に失礼なものであるということを分かっているのでしょうか。その投手はしまいには首すら振らず、あろうことか鼻でせせら笑うような態度でこちらのリードを拒否してきやがりました。まったく世も末です。
次に首振りの速度ですが、自分の経験上180回/1min.位の速さが最も適切であると言えます。
その理由ですが、それより速くても遅くても何となくイヤな気分になるからです。(捕手が)バッテリー間の相互関係を円滑にすることはすなわち気持ちのよいプレーへとつながり、めぐりめぐってチーム全体の…(以下、長いので略)





もどる