北の国から2002夏
2002年9月8日 午前1時17分

【夏休みの宿題】
僕は9年ぶりに富良野に帰ってきたわけで、
麓郷の町を中畑木材から八幡丘の方面へ行く砂利道に
草太兄ちゃんの牧場があったのだけれど、草太兄ちゃんの亡くなった後、つぶれてしまったらしく、
建物は壊れていて、布部の駅も富良野の駅も五郎さんの家も少しづつ変わっており、
富良野の町が観光地として栄えていくのはうれしいことではあるのだけれど、
「人は変わっていくもんだ」というここ数年の哲学に反し、
「変わらないのは私だけだ」と逆に感じ、旭川へ向かい
淳○先輩に空港で見送られ昨晩東京に帰りました・・・。

富良野特別ガイド【北の国から初級者編】
富良野に着いたら、まずは布部の駅(無人駅)へ。
北の国から「此処に始まる」の倉本聡の前でハイポーズ。
それから、布部川沿いに麓郷街道を上っていきます。
麓郷の街に着いたらとりあえず麓郷の森へ。
ここには正吉(ホントは純)が火事をだして燃えてしまった丸太小屋が、
なんと燃えずに残ってます。
北の国から83・84で使った家もここにあります。
9年前に訪れた時は、中まで入れたし、
純(中学時代ペンチ)が五郎の誕生日に造ったプロペラを工夫した
風力発電もあったのですが先日行ったときは、
老朽化し中は入れず、風力発電もなくなっていました。
(よく考えてみれば9年も経てば壊れるくらいのボロ小屋です。)

それから、少し上ると五郎の石の家があります。
メインイベントはその先です。(観光バスは行きません)
富良野ジャム園を砂利道を上がっていくと、
五郎が熊と会って中畑のおじさんのジープに飛び乗った場所があります。
その先に展望台があって、下り道を左に曲がるといい樹もあるので満喫してください。

麓郷の街戻ったら八幡丘の道へ行きましょう。
入口に中畑木材(麓郷木材)があるので挨拶をして記念写真を。
しばらく行くと中の沢小学校があって、草太兄ちゃんの牧場(フェニックス牧場)があります。
だけど、草太兄ちゃんが亡くなった後、牧場はつぶれてしまい、屋根が壊れています。
(詳細は北の国から2002で)
まあ、このぐらい見て、札幌へ戻ったら富良野初心者にはおなかいっぱいでしょう。

丘の町美瑛も隣なので時間があればどうぞ。
マイルドセブンの丘や親子の木など大自然の北海道を満喫できるでしょう。
途中に無料のかんのファームでラベンダー(ちょうど季節)でも見てください。
そうこうして旭川から高速で札幌まで帰ってきたら、
レンタカー代だけでほとんど金はかからず200%の満足度を得られるでしょう。
北の国からフリークでなくても満足すると思いますよ。

PS:土俵のけがは、土俵の砂でなおしてゆくんですよ
   けがをするたびに休んでいたんでは勝負師にはなれませんね
                         がんばれ!貴花田!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
時代おくれのドンキホーテ
粋でいなせで泪にゃもろい
人呼んで平成の寅次郎と発します・・・。
cccccccc@tkg.att.ne.jp
HOTLINE cccc3cccc@docomo.ne.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


< 前の言の葉へ | 言の葉TOPへもどる | 次の言の葉へ >